キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『河童のクゥと夏休み』:Myムービーに掲載しました。

<<   作成日時 : 2007/06/10 21:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
オンライン試写会で観た『クレヨンしんちゃん』シリーズの原恵一監督のファミリーアニメーション『河童のクゥと夏休み』のレビューを「内容満載のファミリー映画>ちと長いが」と題して、紹介欄及び以下に示すURLに掲載しました。

http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id327496/rid53/p0/s0/c0/

最近オンライン試写会を実施する映画が増えていますね(特に日本映画)。ホール試写と比べて、対費用効果が大きいのかしら。オンライン試写後に,、(わたしを含めて)、クチコミ評判がWeb上に展開されることも理由の一つかもしれませんね。

 

 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
DVDにて、今頃 鑑賞。じんわり良かったです〜。
>両親と妹(中略)父親の描写など、理想のような家族である。
天涯孤独なカッパの子供が、心優しく温かい家庭に拾われて ヨカッタです。
クゥ自身も(ポニョの破天荒さと違って)かなり、しつけの良い子でしたね。

>中盤のクライマックスは『千と千尋の神隠し』を思い起こさせるような描写で驚かされる。
冒頭のカッパ親子の会話は、このためだったんですね。
あと、宮崎アニメによく使われる『本当の名前』とか、
『父ちゃん、おれ生きててヨカッタよ』のセリフも、「もののけ姫」の『生きろ!』を連想します。

東京タワーが出てきて、登り始めた時は、『クゥちゃん、登らないで!死んじゃう〜!』と、号泣する準備しちゃいましたが、長さは感じなかったです。
母親や子供の描写も自然で、特に妹のクゥに対する嫉妬心とか。良く出来てますね。

それにしても、どうしてこんなに“可愛くない”絵柄にしたのでしょうか?
この絵のせいで、観客動員数でかなり損をしたと思います。
せっかく良いアニメなのに、この絵だと見る気がしないのです・・・もったいない。
優駿
2008/08/06 01:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
『河童のクゥと夏休み』:Myムービーに掲載しました。 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる