キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『潜水服は蝶の夢を見る』:主人公に同化し、人生の素晴らしさを感じる

<<   作成日時 : 2008/02/12 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 24 / コメント 2

画像

左目以外は不随のロックトイン・シンドロームになった主人公が、左目のまばたき20万回で綴った自叙の映画化と聞いて、「つらい物語なんだろうなぁ」との先入観があった。
しかしながら、文芸春秋の星取りでも★4つ、5つで、前向きになれると聞き、観に出かけた次第。

いやぁ、観て良かった!
この映画を観て、人生に対して前向きになれるのは、映画ファンならでこそかもしれない。

だって、ロックトイン・シンドロームで、声も出せず、身動きもできず、観て、想像力と記憶を羽ばたかせ、人生を謳歌する主人公は、不遜ながら、観客に仕向けられた魔術のようなものだか。

暗い映画館での座席に座って、身動きも出来ず、声も出せず、眼前のスクリーンの映像に対して、過去に観た作品の記憶を辿り、想像力を羽ばたかせるのは、映画を観る観客と、殆んど同じだから。

監督は観客と主人公を一体にしようとして、冒頭から、仕掛けてくる。

歪んだ映像、焦点の合わない映像、そこへオーヴァラップする明瞭な声。
主人公の一人称の画である。
画は歪でも、声によって思考は明瞭であることを示している。
この演出は1巻つづき、それに続く1巻は、映像の歪みを押さえた一人称の画であり、思考と視覚が正常であることを示唆する。

主人公が自己の境遇を受け容れ、「ぼくには想像力と記憶力がある」と認識して、人生を本当に謳歌し、自叙を綴ろうと決意した瞬間のシーンから、三人称の画となる。
三人称の画は、いつも見慣れた画面スタイルで、前半30分からイッキにこのスタイルへ移行することで、観客に観客自身の記憶力と想像力をどんんどんどんどん掻き立てていく。

主人公が想像する病院創設の物語のイマジネーションの豊かさ。そして、モノローグの美しさ。
イマジネーションによる人生の豊かさ、ここで泪がこぼれた。

そう、われわれ観客もまさしく観客席に縛られたロックトイン・シンドローム状態であり、心を閉塞させたロックトイン・シンドローム状態であるのだから。

もし、この映画の魔術に嵌(はま)りたければ、是非とも劇場で観て欲しい。家庭では、観客席にじっと座って観るわけはないだろうから。

迷わず★5つ、必見です。


↓yahoo!Myムービーもよろしく↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id328168/rid38/p1/s0/c1/

↓主人公の周りは美女がいっぱい。どことなく羨ましいような・・・↓
画像
画像
画像
画像


フォトがありませんが、Lの舌づかいも艶かしく「絶世の美女」と称される理学療法士は、監督夫人だそうな。


↓チラシ画像↓
画像


↓DVD↓

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(24件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『潜水服は蝶の夢を見る』
感動のバタフライ・エフェクト。 まばたきが文字になり、目がカメラになり、僕らは深海から天空に飛び立つ蝶に出逢う。 ...続きを見る
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ...
2008/02/14 22:06
『潜水服は蝶の夢を見る』
□作品オフィシャルサイト 「潜水服は蝶の夢を見る」□監督 ジュリアン・シュナーベル □原作 ジャン=ドミニック・ボービー □キャスト マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリ=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー、ジャン・ピエール=カッセル&nbsp;■鑑賞日 2月10日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> まずそのタイトルに興味が沸く。 この作品はカンヌ映画祭で監督賞と高等技術賞を受賞し、今回のアカデミー賞でもジュリアン・シュナー... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2008/02/16 09:27
『潜水服は蝶の夢を見る』 (2007) / フランス・アメリカ
原題:LESCAPHANDREETLEPAPILLON/THEDIVINGBELLANDTHEBUTTERFLY監督:ジュリアン・シュナーベル原作:ジャン=ドミニク・ボービー脚本:ロナルド・ハーウッド出演:マチュー・アマルリック、マリー=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー公式サイトはこちら。<S... ...続きを見る
NiceOne!!
2008/02/16 10:49
潜水服は蝶の夢を見る/le scaphandre et le papillon
原題はle scaphandre et le papillon "ー身体は潜水服を着たように重たくても、僕の想像力と記憶は蝶のように自由に羽ばたくー" ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2008/02/16 11:24
映画「潜水服は蝶の夢を見る」(2007、仏・米)
    ★★★★☆  病に倒れた仏ファッション誌「Elle」の編集長が、 不自由な体で自叙伝を綴った実話の映画化。 原題(英題)は「Le Scaphandre et le papillon(The Diving Bell and the Butterfly )」。  42歳で人生の絶頂にいたJean-Dominique Bauby (Mathieu Amalric)は、 息子と新車でドライブ中、脳幹に梗塞を起こした。 3週間の昏睡状態の後、目覚めたのは病院のベッドの上。 医師が「ロックト・イン・... ...続きを見る
富久亭日乗
2008/02/16 19:04
「潜水服は蝶の夢を見る」試写会
フランス映画だ。 これぞフランス映画!といってもいい。 ハリウッド映画のように、お涙頂戴しない。 ハリウッド映画のように、ハッピーエンドにしない。 切なく、そして切ない、ひたすら切ないフランス映画だ。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・ジャパン
2008/02/17 00:31
潜水服は蝶の夢を見る
 『ぼくは生きている。 話せず、身体は動かせないが、 確実に生きている。』  コチラの「潜水服は蝶の夢を見る」は、2/9公開となった"20万回の瞬きで自伝を綴った、脅威の実話!圧倒的な映像美で描く、きらめく愛の感動作"なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  ア... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2008/02/17 19:56
失って気付く大切な事。『潜水服は蝶の夢を見る』
脳梗塞で倒れてしまった男性の実話を描いた作品です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2008/02/23 19:58
映画「潜水服は蝶の夢を見る」
ジャン=ドミニク、42歳、3人の子供の父親、ELLE誌の名編集長。 ...続きを見る
happy♪ happy♪♪
2008/02/24 20:12
【2008-45】潜水服は蝶の夢を見る(Le Scaphandre et le Papillon)
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2008/03/01 09:44
潜水服は蝶の夢を見る
ぼくは生きている。話せず、身体は動かないが、確実に生きている。 「身体は“潜水服”を着たように重くても、ぼくの想像力と記憶は、“蝶”のように自由に羽ばたく__。」実在した奇跡の伊達男、ジャン=ドミニク・ボビー! &nbsp; 順風満帆に輝いていた人生が、ある... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2008/03/02 23:08
潜水服は蝶の夢を見る☆マチュー・アマルリックの素晴らしい演技!!
  20万回の瞬きで自伝を綴った、驚異の実話! 圧倒的な映像美で描く、きらめく愛の感動作  &nbsp; 2月16日、京都シネマにて鑑賞・・・・・。 &nbsp; &nbsp; &nbsp; 実在した奇跡の伊達男、ジャン=ドミニク・ボビー 彼はファッション界を左右するフランス版ELLEの名編集長だった。2人の子持ちだった。42歳のとき、突然脳梗塞で倒れて、生死をさまよった後に目覚めると、左目以外は動かない状態になっていた意識、知力は元のままなのに、身体的自由はすべて奪われた状態... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2008/03/09 22:59
「潜水服は蝶の夢を見る」:春日二丁目バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}学校の校門が並んでいる風景を見ると、この時期、卒業の頃が思い出されるわ。 {/kaeru_en4/}おや、お前にも卒業なんて頃があったのか。 {/hiyo_en2/}当たり前じゃない。早く窮屈なセーラー服を脱ぎ捨てて、蝶のように美しく変身したいって願ったものよ。 {/kaeru_en4/}そうか。蝶になるはずが、蛾になっちゃったってわけか。 {/hiyo_en2/}失礼ね。夢見るくらい自由じゃない。 {/kaeru_en4/}「セーラー服は蝶の夢を見る」ってか。 {/h... ...続きを見る
【映画がはねたら、都バスに乗って】
2008/03/11 20:33
映画『潜水服は蝶の夢を見る』を観て
22.潜水服は蝶の夢を見る■原題:LeScaphandreetlePapillon■製作年・国:2007年、フランス=アメリカ■上映時間:112分■鑑賞日:2月16日、シネマライズ(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ジュリアン・シュナーベル□脚本:ロナルド・ハー... ...続きを見る
KINTYRE’SDIARY
2008/03/25 07:48
潜水服は蝶の夢を見る
 この映画、ジョニー・デップでは演じることはできなかったと思います。(2008年 ...続きを見る
eclipse的な独り言
2008/04/07 06:06
潜水服は蝶の夢を見る
エロい視点は万人共通です ...続きを見る
Memoirs_of_dai
2008/05/17 18:07
ELLE元編集長の闘病記、ジョニー・デップで映画化、のはずが
「キングス&クイーン(DVD)」で好演をみせたマチュー・アマルリック(Mathi... ...続きを見る
パリノルール blog
2008/06/30 09:47
mini review 08316「潜水服は蝶の夢を見る」★★★★★★★☆☆☆
ファッション誌「エル」の編集長として活躍する人生から一転、脳梗塞(こうそく)で左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまった男の実話を映画化。原作は主人公のジャン=ドミニック・ボビー自身が20万回のまばたきでつづった自伝小説。『夜になるまえに』のジュリアン・シュナーベルが監督を務めている。主人公を演じるのは『ミュンヘン』のマチュー・アマルリック。シリアスな展開の中に温かいユーモアが味わえる一方、独特の映像美も堪能できる感動の実話だ。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2008/07/29 03:45
潜水服は蝶の夢を見る−(映画:2008年53本目)−
評価:88点 ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2008/09/20 22:03
『潜水服は蝶の夢を見る』'07・仏
あらすじ昏睡状態から目覚めたものの、左目のまぶた以外を動かすことができないジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)。意識は、はっきりしているにもかかわらず、言葉を発することができない彼に、言語療法士のアンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)はま... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2008/10/11 16:15
「潜水服は蝶の夢を見る」
ある日、脳梗塞で倒れ、全身麻痺となった雑誌「ELLE」編集長ジャン・ドミニク・ボビーの生き様を実話をもとに描いた感動のヒューマン・ドラマ「潜水服は蝶の夢を見る」(2007年、仏米、ジュリアン・シュナーベル監督、112分)。ボビーは全身の中で唯一動くのは左目の瞬きだけで、言語療法士らの協力により、コミュニケーションを回復し、さらには自叙伝を出版する。彼は想像力と記憶をフルに発揮し、生存の危機から生き続けることの意思を持続させていく。本作はカンヌ国際映画祭監督賞やゴールデングローブ最優秀外国語... ...続きを見る
シネマ・ワンダーランド
2009/02/09 23:26
潜水服は蝶の夢を見る
随分前に(汗)WOWOWで鑑賞―【story】脳梗塞による昏睡状態から目覚めたものの、左目の目蓋以外を動かすことが出来なくなったファッション雑誌ELLEの編集長ジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)。意識ははっきりしているにもかかわらず言葉を発することが出来ない彼に、言語療法士のアンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)は瞬きでコミュニケーションを取る方法を教えるが―     監督 : ジュリアン・シュナーベル  〜ジャン=ドミニク・ボビーが20万回の瞬きで綴った自伝小説の映画化〜【co... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2009/06/14 22:59
『潜水服は蝶の夢を見る』を観たぞ〜!
『潜水服は蝶の夢を見る』を観ましたファッション誌「エル」の編集長として活躍する人生から一転、脳梗塞で左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまった男の実話を映画化した感動のヒューマン・ドラマです>>『潜水服は蝶の夢を見る』関連原題: LESCAPHANDREETLEPAPI... ...続きを見る
おきらく楽天 映画生活
2009/08/24 22:50
潜水服は蝶の夢を見る - Le scaphandre et le papillon -
潜水服は蝶の夢を見る 特別版【初回限定生産】 [DVD] ...続きを見る
むーびーふぁんたすてぃっく
2010/04/25 04:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
りゃんひささん
TBありがとうございました!
こちらからもTBしてみましたが・・・。
反映せず(^_^;)ということで、コメントさせて
頂きます。マチュー・アルマリックの演技
素晴らしいものでした。ロックトイン・シンドロームという障害があることを、この作品で
知りました。それにしても、意識や知力があるのに、左目以外の身体機能が動かせないという
当事者の辛さを考えると、言葉にできないものがあったことでしょう。前向きに生きようとした主人公の姿がいつまでも心に残りました。
「銅版画制作の日々」mezzotint
mezzotint
2008/03/10 21:58
こんばんは〜♪
原作も読まれたんですね〜
私も読んでみたいと思っていました。

フランス映画はあまり得意ではないのですが、この映画はとても良かったです。
所謂お涙頂戴物ではなく、適度なユーモアがありましたね〜
ドキュメンタリーは実に淡々としたものでしたが、実際のジャンを見たらやっぱり胸が締め付けられました。
由香
2009/06/14 23:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
『潜水服は蝶の夢を見る』:主人公に同化し、人生の素晴らしさを感じる キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる