キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『壁男』:諸星大二郎ファンとしても、むむむむむ:DVDで鑑賞

<<   作成日時 : 2008/05/07 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


リアルタイムで手塚賞受賞の『生物都市』の掲載に興奮して以来、『暗黒神話』などの稗田礼二郎シリーズが大好きなファンとしても「おいおい、壁男って映画にするの難しいだろう」と懸念していました。

やっぱり、映画化は難しかった。

映画化は、『妖怪ハンター』時代の稗田礼二郎シリーズの『ヒルコ 妖怪ハンター(1991)』『奇談(2005)』の2本は、不満もあるがソコソコの出来だったが、『壁男』は原作もとらえどころがない奇妙な風味の作品なので、落としどころがむずかしかったようだ。

映画は連作の第1作目を中心に、第2作の冒頭のエピソードを絡めて描いているが、なにぶん短いので、映画化にあたってはオリジナルのエピソードが付加されている。
主役の相手役・小野真弓につきまとうストーカーまがいのオタク青年のエピソードがソレ。
このエピソードがイマイチなのよねぇ。

とはいえ、第2作目以降を映画化するのは至難の業。壁男・壁女同士の争いが始まっちゃうのだから。

壁男にのめり込む堺雅人は好演。人懐っこい笑顔が豹変するさまなど、結構怖いですよ。

壁音から観た外世界の映像など工夫しているが、デジタル撮影なので、DVDで観ると、特に画面が平板にみえて興味を殺ぐ。
低予算なので仕方がないといえば仕方がないのだろうが・・・。

懸念もしていたが、ちょっと期待もしていたので、全体評価としては★2つですかねぇ。

画像


画像


↓諸星大二郎の映画化作品DVD↓


 

↓原作はマガジンハウス刊『夢の木の下で』に収録


↓『妖怪ハンター』シリーズ
 

 

 

 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『壁男』:諸星大二郎ファンとしても、むむむむむ:DVDで鑑賞 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる