キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『モンテーニュ通りのカフェ』:面白くなりそうでならないんだなぁ、なぜか:Myムービー掲載

<<   作成日時 : 2008/05/06 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


その昔パリの老舗ホテルに勤めていたことがあると繰り返し繰り返し祖母から聞かされていたセシル・ド・フランスは、パリへやって来て、モンテーニュ通りに在る有名カフェでギャルソンとして勤めることになる・・・
というストーリーは上手くいけば面白そうな題材である。

が、思ったほどは面白くならなかった。

セシルを取り巻く面々が、自身の音楽人生に疑問を抱いている世界的なピアニスト、テレビでは成功しているが映画進出を目論む女優、一代で財を成しその財産をオークションにかけて処分しようとする老資産家、そして彼の息子。
そんな彼らが、コンサート、舞台の初日、オークションと同じ日にカフェ向かいの劇場で開催することに・・・

やっぱり、面白そうなストーリーだ。

画像


画像


彼・彼女たちが、その日へ向かって、ぶつかりあって、混乱から大団円へ向かうのかと思いきや、特にぶつかりあったりしないあたりが、あまりも白くならなかった原因か。
セシルを中心にして、そこそこ整理されすぎていて、彼・彼女たちの間での葛藤(というかストーリーを進めるエネルギーというか)が生まれなかったのではないか。

たしかに彼・彼女たちそれぞれに悩みを抱えているのだけれど・・・

彼・彼女たちのエピソードでは、老資産家と息子の和解のエピソードが、接吻というひとつの彫刻を小道具にして、少々グッと来るものはあるが・・・

全体評価としては★3つです。

<追記>
監督が余り感心しなかった『シェフと素顔と、おいしい時間』『ルーブルの怪人』のダニエル・トンプソンだったことに、後で気づきました・・・。

↓Myムービーのレビュー&採点はコチラから↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id329913/rid8/p1/s0/c1/

↓チラシ画像 なかなかグッドなデザイン↓
画像


↓DVDはコチラから↓

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『モンテーニュ通りのカフェ』
4月に観たい観たいと騒いでいた『モンテーニュ通りのカフェ』をやっとのことで観てこれました。 こんなに長い期間上映していてくれたユーロスペースさんに感謝。 ...続きを見る
cinema!cinema!〜ミーハー映...
2008/06/11 19:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『モンテーニュ通りのカフェ』:面白くなりそうでならないんだなぁ、なぜか:Myムービー掲載 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる