キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『名探偵ポワロ』長編作品6作品:『ABC殺人事件』など:DVDで鑑賞

<<   作成日時 : 2008/06/22 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

デイヴィッド・スーシェの『名探偵ポワロ』シリーズについて、前回掲載以降に6作品をDVDレンタルで鑑賞しました。

『ABC殺人事件』『エンドハウスの怪事件』『スタイルズ荘の怪事件』『五匹の子豚』『ヒッコリーロードの殺人』『エッジウェア卿の死』の6作品です。

画像


この中では『ABC殺人事件』がすこぶるつきの面白さ。ABC・・の中に隠されたメイントリックは有名だけれども、犯人と思しき男が実は・・・というあたり、かなりニューロティックな感じです。
ニューロティックとは、神経的な、という意味です。精神異常とはちょっと違うニュアンスです。それにしても、古めかしい言葉ですなぁ、と自己感慨。
そのキーマン、ストッキングの行商男役のドナルド・サンプター、『イースタン・プロミス』ではロンドン警察の警部。出番は短いながらも重要な役どころでした。
『ABC殺人事件』の物語後半でのドンカスター競馬場の描写も見所の一つ。
★4つの出来栄えです。

画像


『エンドハウスの怪事件』はシリーズ唯一の前後編もの。前半の短編シリーズ中に2回に分けて放映された長尺ものです。
ヒロイン役にポリー・ウォーカー。『魅せられて四月』のヒロイン役で有名。
動機、トリック的にもソコソコな面白さ。まあ標準的な出来栄えかなぁ。★3つ。

画像 画像

『スタイルズ荘の怪事件』はポワロ登場の一編。
物語の面白さよりも、ベルギーからの難民、フランスへ亡命してきたポワロの様子が楽しめます。
ヘイスティング大尉、ジャップ警部との出会いのエピソードも含め、風俗的な描写が楽しめます。★3つ半。

『五匹の子豚』はマザーグースの一節を題名にいただいた、しかしながら、過去の殺人に結末について、哀しく切ない想いを残す作品。
意図的なトリックというよりは、意図せぬトリック、善意の行為といった内容が、心に響いてくる。
ヘイスティング大尉もジャップ警部も登場しないのでユーモアには欠けるが、このシリーズ中でも、最も切ない作品のひとつではないだろうか。
★4つの出来栄えです。

画像 画像

『ヒッコリーロードの殺人』は、いまひとつの出来栄え。
ミス・レモンの姉が管理している学生寮で、次々と妙なものの紛失騒動が持ち上がり・・・というので、ミス・レモンと姉の掛け合いを期待したが、それほどでもなく。
学生たちのキャラクターも際立つことなく、事件の結末も、個人的にはあまり好きな題材でないので、途中ウトウトしかけました。★2つ半です。

画像 画像

『エッジウェア卿の死』は、ゴジャースな作り。
理不尽なエッジウェア卿との離婚をしたい女優ジェインが、ディナーショウで同席したポワロに、夫を説得してくれるよう依頼して・・・
として始まる、エッジウェア卿の殺人。有力容疑者である妻には確たるアリバイがあり・・・
登場人物たちも多彩な上、フーダニット、ハウダニットが行き届いていて、ポワロ同様、見ている側も混乱させられ振り回される。
★3つ半の出来栄え。

で、余談ですが、この作品『名探偵ポワロ/エッジウェア卿殺人事件』というタイトルで、1985年にピーター・ユスティノフのポワロでテレビ映画化されているようだ。
監督はルー・アントニオ、キャストにフェイ・ダナウェイ、デヴィッド・スーシェ(!)の名前が見える。

まだまだ未見の作品があるので、今後も楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
いや〜、ポアロはいつ観てもいいですね。
私メも「五匹の子豚」は大好きな作品ですよ。
TV放映がなくなって寂しかったのですが、DVDでいつでも楽しめると思うと嬉しい限りです。できることなら、全DVD作品を揃えたいものですな。
かばくん
2008/07/08 18:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
『名探偵ポワロ』長編作品6作品:『ABC殺人事件』など:DVDで鑑賞 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる