キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『歩いても 歩いても』:ちょっと間に合わない、家族の道理:Myムービー掲載

<<   作成日時 : 2008/07/06 23:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 1

画像


新たなホームドラマの秀作といえよう。
是枝裕和監督作品は『誰もしらない』『ワンダフルライフ』しか見ていないのだが、これほど上手く家族の群像を描けるとは恐れ入った。

レビュータイトルに挙げた「ちょっと間に合わない」というのは、巻末近くで、実家から帰っていく途中で呟く阿部寛のセリフ。
予告でも使われているのだが、何に間に合わないのかといえば、ほんの些細な事柄。
喉元まで出てるのだけれど、思い出せない相撲取りの名前。

実は、予告を観たときに、この「ちょっと間に合わなんだよなぁ、いつも」というセリフで想起したのは、『東京物語』。
末弟の大坂志郎が母親の死に目に間に合わなかったセリフを想起したのだ。

『東京物語』を想起したのは、そのほかに、長女のYOUが帰途途中で、『死んだ人より、生きている人の方を気にかけて欲しいよねぇ』というセリフもそう。
杉村春子を思い出す。

この『歩いても 歩いても』でも、『東京物語』でも、家族の核心は死んだ息子。
『東京物語』では、次男である原節子の夫。この映画では長男である。
その不在の存在が、過去のわだかまりを動かしていく。

長男の十数回目の命日に寄り集う家族。
楽しげでおかしくて、やがて哀しき何とやら・・・・である。

たくさんの家族が寄り集うことで楽しげにしている母・樹木希林は、長女YOU一家が帰るともに、その心に秘めた恨みうらみを吐露していく。
少々やりすぎな感もなきにしもあらずだが、歳を経た母親とはそういうものだ、と一緒に観た妻はいう。

画像


タイトルにある『歩いても 歩いても』がかつてヒットした歌謡曲の一節であることが判り、夕食の席で流れる時、みんな口をつぐんでしまうシーン。
その後の、阿部寛が妻の夏川結衣に「お前にも心に秘めた曲があるのか」と問うても、「教えない」と答えるあたり、そう、みんな何かを心に抱いている。

画像


その心の抱いているものは、親と子の間、夫婦の間で、全て理解し納得することは出来はしない。

理解した、と思うころ、それは、常にちょっと間に合わないし、それが家族の道理でもあろう。

全体評価として★4つ。阿部寛、上手くなったなぁ。

画像


画像


<追記>
家族で集ったときの「やがて哀しき何とやら・・・」が辛いのも判るが、「おかしくて・・・」のときも結構無理してるんだよねぇ。
この映画を観て、お盆に帰省するのを取りやめるひとが出なけりゃいいのですが・・・。

↓Myムービーのレビュー&採点はコチラから↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id328747/rid48/p1/s0/c1/

↓チラシ画像↓
画像


↓DVDはコチラから↓



↓是枝監督作品DVD↓
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
歩いても歩いても
「誰も知らない」「幻の光」の是枝裕和監督が、年老いた両親の元に久々に集った家族の情景を静かなタッチで切り取り、人生の喜びと悲しみを浮かび上がらせたホームドラマ。 物語:季節は夏の終わり。元開業医の横山恭平とその妻とし子が2人きりで暮らす家に、次男の良多と... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2008/08/14 15:49
『歩いても歩いても』
   □作品オフィシャルサイト 「歩いても歩いても」□監督・原作・脚本・編集 是枝裕和 □キャスト 阿部寛、樹木希林、夏川結衣、原田芳雄、YOU、高橋和也、田中祥平、寺島進 ■鑑賞日 6月29日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>&nbsp;まるで実際にあったような家族の会話を新鮮なまま切り取って来て映画という花瓶に挿したような作品だった。 是枝監督の作品は『花よりもなほ』や『誰も知らない』で以前から観ていたが、どこかにややひっかるところもあっ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2010/09/13 17:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
いい映画でした。それと同時に疲れた映画でもありました。というのは、自分が実際に帰省した時のような気分にさせられて、家族間のあつれきに疲れたからでしたが・・・。
ま、それだけうまいということでしょう。
親子というものは、永遠に「ちょっとだけ間に合わない」もの。同じ立場でものを見ることはないのですからその視線は永遠に交わらない。
でもそれは誰でも同じであって、皆そういう思いを抱いて生きていくのだと思います。
ちょっと寂しい気がしますが、それでいいのですよね。
樹木希林の母親役はよかったです。ホントに年とった女親とはああいうものです。
夏川結衣の嫁も、年とったら樹木希林のようになるんですよ。


ぷ〜太郎
2008/07/07 23:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
『歩いても 歩いても』:ちょっと間に合わない、家族の道理:Myムービー掲載 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる