キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『「相棒」シリーズ 鑑識・米沢の事件簿〜幻の女房〜』ハセベバクシンオー:映画公開待ちきれずに

<<   作成日時 : 2009/02/25 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


昨年2008年より遅ればせながら『相棒』にハマッているりゃんひさです。
新作映画の公開が待ちきれずに、原作を読んでしまいました。
さて感想は・・・

米沢くんのキャラクターが地の文まで侵食している(というか、地の文に彼の独白や心情なんかが書かれているナントカという手法ですけど)ので、ストーリーよりもそこいらあたりが面白い作品でした。

映画予告編にあるような「こんな大きな事件(ヤマ)になるなんて・・・」というほど事件の落ち着く先は大規模でないので、「もしかしたら、映画は違った展開があるのかしらん」と思わせるものがあります。
なにせ、市川染五郎あたりをキャスティングしているのですからねぇ。

右京さん・亀山くんのコンビもオープニングとエンディングで登場するレベルのさり気なさは、スピンオフ作品としては○(マル)。

でも、ネタ的には、通常の1時間枠で片が付くようなレベルなので、やっぱり、映画の独自路線に期待します。

<追記>
映画のタイトルは『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』。微妙に違う・・・
おなじみのテーマ曲は流れるのかしらン?


↓映画公式HP↓
http://www.yonezawa-movie.com/

↓原作文庫本はコチラから↓





熱血鑑識官 米沢守のドッキリ事件簿ZERO
メディアファクトリー
米沢守

ユーザレビュー:
『相棒』ファンのツボ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

絆(初回限定盤)
UNIVERSAL SIGMA(P)(M)
エレファントカシマシ

ユーザレビュー:
こんなのでいのか?レ ...
初回限定盤曲だが、『 ...
エレカシを、そして2 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
同じく「相棒」に、はまりにはまっているぷ〜太郎です。タイトルの違いですが、やはり映画の方が語呂がいいようで。
主役の六角氏の風貌から、ただの「米沢」というより「米沢守」とフルネームでしっかり固定?した方が彼らしいと感じています。
キャスティングから、もう犯人は判ってしまいますので、後は事件の内容をどう盛り上げていくかですね。原作のままだとご指摘の通リTV1時間版で充分の話ですから。地味ですしね。
今回はオープニングの空撮はないのでしょうか?
ぷ〜太郎
2009/02/27 11:40
ぷ〜太郎さん、「相棒」シリーズへのコメントありがとうございました。
>キャスティングから、もう犯人は判ってしまいます
とは・・・引っかけ、ミスディレクションかも。
>今回はオープニングの空撮はないのでしょうか?
空撮をオープニングに用いる和泉監督ではないので、多分『劇場版 相棒』の1シーンから(マラソンシーンから)幕開けではありますまいか。
りゃんひさ
2009/02/28 01:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
『「相棒」シリーズ 鑑識・米沢の事件簿〜幻の女房〜』ハセベバクシンオー:映画公開待ちきれずに キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる