キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『夏時間の庭』:生活の息遣いや空気を感じる映画

<<   作成日時 : 2009/05/17 21:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

画像


フランス・オルセー美術館の全面協力により製作された映画で、チラシやポスターの謳い文句は《誰にでも思い出が輝く場所がある。》
加えて小さく《3人の子供たちが向き合う母の遺産。パリ郊外の家と美術品コレクション。そして秘められた想い。》
数々の美術品が綺羅星のごとく画面に登場して、母親と残された子供たちの確執のドラマが・・・などと想像して観にいくと、当てが外れる。

生活空間の雑然として家の中で、「そこにある美術品」の数々。
花瓶は花を活けられてこそ花瓶。机は物書きされてこそ机。
たとえそれが高価な美術品というレッテルが貼られていようが。

そしてこの映画の主役は、母の家。
偉大な画家の大叔父とともに暮らした家。
いまは成人して離れてしまった3人の子供たちが育った家。

1年に1回だけ、母の誕生日の記念に家族が集う、その活力・騒々しさのある家。
お祝いの宴がお開きとなり、年老いた母親と同じく年老いた家政婦だけが残った家の静寂さ。
母が亡くなった後、家を処分するために、鑑定士や学芸員がやってきて、絵画や調度品が梱包されていく、その慌しい家。
室内に何にもなくなってしまい、がらぁんとした虚しさ。
そして売り払う前の、一日の饗宴として、孫たちティーンエイジャーが集まって催すパーティ、その喧騒と猥雑さと、その後に来るであろう寂しさ。

この映画は、そんな生活の息遣いや空気を伝えようとしている。

美術館に飾られた机は、そのフォルムを顕(あらわ)して美しいのだけれども、なんだか寂しそうにも思える。

ですから、ドラマを期待して観にいくと、多分にガッカリするでしょう。
でも、そんな空気を感じてみたい向きにはお薦めします。

微妙な映画ですので、★3つとしておきます。

<追記>
一緒に観た妻は、出てくる度に服装は変われども、常にたすきがけにしたジュリエット・ビノシュの白いバッグが気になって気になって仕方がなかった、と観終わった後に申しておりました。

↓Myムービーのレビュー&採点はコチラから↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id333054/rid3/p0/s0/c0/

↓DVDはコチラから↓

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
??????????????????
?????????? ???????????? ???????????????????? ?????L'HEURE D'ETE??????? ????? ????H駘鈩e?Edith Scob ??? ???????? ???????Fr馘駻ic?Charles Berling ?????? ????????Adrienne?Juliette Binoche ?????????? ?????????J駻駑ie?J駻駑ie Renier ????? ??????????? ?????? H駘鈩e?... ...続きを見る
?????
2009/05/24 10:11
夏時間の庭◇原題: L'HEURE D'ETE/SUMMER HOURS
 オルセー美術館開館20周年記念作品 作品を観るまで知らなかった(汗)あのオルセー美術館開館記念で製作されたとは・・・。それにしても凄いですよね。贅沢な企画に驚き!! 残念ながら、フランスにも行ったことがありません。だからオルセー美術館もですが、ルーヴル美術館にも行ったことがない。そういえば、ただ今京都でルーヴル美術館展が開催されています。多分連日満員なんだろうし・・・・。まともに絵を鑑賞するような状況ではないだろう。そうなると、直接行くのがいいでしょうが・・・・。う〜ん旅費がいるし・・・・... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2009/07/18 19:50
「夏時間の庭」
パリ郊外の家々と自然が、とても温かくて美しくて慈愛に満ちていて・・ ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2009/12/16 12:19
『夏時間の庭』 
遺された美術品たちのため息が聞こえてくる。 それぞれの胸の内に生き続ける思い出を一式。 時代が、世代が変わっても変わらない確かなものとは。 ...続きを見る
シネマな時間に考察を。
2010/04/11 00:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『夏時間の庭』:生活の息遣いや空気を感じる映画 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる