キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『プール』:タイ版『かもめ食堂』ではない家族と死生観

<<   作成日時 : 2009/09/22 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

画像


小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮の出演陣なので、どうしたって『かもめ食堂』『めがね』の路線かしらんと思うけれど(実際そう思って観にいったけれど)、観終わった後の感想は「狙いは違うなぁ」ということです。

たしかに、出演陣もさることながら、異国情緒、ゆったりとした演出、人と人との距離感を微妙に描いていくあたりは『かもめ食堂』『めがね』に似ているのだけれど、同じ女性監督として大森美香監督が狙ったのは「家族」「死生観」ではありますまいか。

先の2作品では描かれなかった家族の距離感が描かれています。
娘から見れば「身勝手」としか捉えられない母親の海外への出奔。

「自由がいいじゃない。好きなことをする方が絶対いいじゃない」とは母親・小林聡美の弁。
「そんなの勝手じゃない。残されたわたしは、グレて不良になっていたっておかしくないんだよ」と娘・伽奈の弁。
「そんなことなるわけないじゃん、判ってるんだから」と母親。
「でも、心配してほしかったんだから」と娘。
「そうかぁ・・・かまって欲しかったのかぁ」と母親。

相手のことを慮っているのはいるが、やっぱり、口に出して、言葉にしないと伝わらないもどかしさ。
言葉にしてしまえば、多少ことば足らずでも判ってしまう、その距離感。
監督は、この距離感を描きたかったのだと思う。

この家族の距離感は、タイの少年・ビーを入れることで一層鮮明にしている。
父親は居ず、母親とも離れ離れになってしまったビー。
加瀬亮の家で暮らし、彼が、居なくなった母親を役所を通して探している。
ビーの母親と名乗る女性が現れるが、ビーには、母親でないことが一目で判ってしまう。
当然といえば当然なのだけれど。

「云わなくても判る」。そうなんだよね。

でも、「想い」は、やっぱり見えた方がいい。

画像


それで、大森監督は仕掛ける。
タイの伝統儀式コムローイを用いて、「想い」として見える形で描いている。
コムローイは、竹の骨に白い紙を被せて、大きな帽子のような形をこしらえて、その中に蝋燭などの炎を入れて空中に解き放つ、いわば「精霊流し」の空中版。
そのコムローイを、家族と擬似家族の面々が、それぞれの想い・願いを込めて、夜空に解き放っていく。
天までとどけ。

そして、そのコムローイ。当然にして、ひとの魂の象徴でもある。
みんなの想いを乗せて飛んだそのひとは、プールサイドでひっそりと「さよなら」を告げる。

この後のラストシーンは、はっとさせられる。

娘を空港に送るべく自動車に乗った家族・擬似家族たち。
空港へ向かう道路。
そのの両脇を、オレンジ色の袈裟を着たタイの僧侶たちが列を成して歩いている。
靄が立ち込める道路。
靄につつまれ、自動車はスクリーンの向こうへ消えていく。

「さよなら」を告げたひとも、告げられたひとたちも、静かに、そして安らかに、消えていく。
ここいらあたりの死生観は『かもめ食堂』『めがね』にはない味わいで、とてもとても羨ましい想いがしました。

だから涅槃仏のあるチェンマイが舞台なのね、と納得もしました。

オマケも込みで★4つとしておきます。

<追記>
大森美香監督の前作『ネコナデ』も観たくなりました。

↓Myムービーのレビュー&採点はコチラから↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id333868/rid74/p0/s0/c0/

画像

小林聡美のギターも聴きどころ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プール◇◆POOL
かもめ食堂、めがね、そして今度はプール・・・・。 前回の“めがね”のメンバー、小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮が登場。そして今回初登場のモデルの伽奈は映画初出演だそうです。そしてそしてタイの男の子も登場しちゃいます。19日の土曜日に舞台挨拶があるそうですが、応募しても当たらず・・・。といことで早々に鑑賞してきました。 フィランドから日本、そして今回はタイのチェンマイに舞台は飛びます。どちらかと言えば、めがねに近い雰囲気でしょうか。お話も特に大事件が起こるでもなく、いつもようにのんびりまったりと... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2009/09/23 10:34
『プール』
□作品オフィシャルサイト 「プール」□監督・脚本 大森美香 □原作 桜沢エリカ □キャスト 小林聡美、加瀬亮、伽奈、もたいまさこ、シッティチャイ・コンピラ■鑑賞日 9月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) チェンマイのプール付きのゲストハウスで働く京子(小林聡美)の周りには、不思議に人が集まってくる。 プールを中心にして、その場所が気持ちいいのか、京子やオーナーの菊子(もたいまさこ)、庭の手入れを手伝っている(加瀬亮)、そしてタイ人の少年(シッティチ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2009/09/29 12:19
理由なんて愛ひとつで十分だけどこれだけじゃわからんやん。〜「プール」〜
さて、まだ気持ちうまくまとめられないまま書けるかな? 卒業旅行でたどり着いたのはタイ・チェンマイ。 4年前に自分を置いていった母に会いに行ったさよは ゲストハウスで働く母京子と再会するも ビーという少年と一緒に暮らしている母をみて 部屋にこもってしまう。 何.. ...続きを見る
ペパーミントの魔術師
2009/09/30 12:48
プール
漫画家の桜沢エリカが映画用に書き下ろした原作を、『ネコナデ』の大森美香監督が映画化したほのぼのとした癒し系人間ドラマ。 タイの古都、チェンマイを舞台に、それぞれの事情を抱えた5人の男女の6日間の人間模様をさらりと映し出す。 出演者も独特の空気感をまとう小... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2009/10/04 23:22
【映画】プール
▼動機 かもめ食堂が面白かったから ▼感想 なんてことのない映画 ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ...続きを見る
新!やさぐれ日記
2009/10/07 22:04
『プール』
時にリビングのソファ、時にプールサイドのカウチに身を任せ、 ぼんやりとその辺りの風景や人を眺めているときの視線のような、 そんな自然に流れる動きを伴う、カメラ導線に癒されて。 ...続きを見る
シネマな時間に考察を。
2010/04/22 15:32
■映画『プール』
映画『プール』を観て来ました。 ...続きを見る
Viva La Vida! <ライターC...
2010/07/15 02:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『プール』:タイ版『かもめ食堂』ではない家族と死生観 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる