キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『暴行切り裂きジャック』:長谷部安春監督版『ナチュラル・ボーン・キラーズ』@中古購入VHS

<<   作成日時 : 2009/10/25 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


いまではDVDも発売されているのですが、3〜4年ほど前に中古ビデオ店で購入したきり、お蔵入りしていたVHSビデオを鑑賞しました。
監督は長谷部安春、今年2009年に他界されました。
最近のファンの方はテレビの『相棒』シリーズが馴染みかと思います。
本作品は日活ロマンポルノの一本ですが、エロスというよりは、和製『ナチュラル・ボーン・キラーズ』といったような味わいです。

瀟洒な洋菓子店に勤めるパッとしない若い男職人と蓮っ葉なウェイトレス。
雨の振る夜、彼女の自宅アパートまで、店の自動車で送り届けようとしたところ、路上でひとりの若い女性を拾うことになる。
拾った女性は、どこか病的で、裸の身体にケーキを擦り付けたりして、薄気味悪い。
無理やり自動車から引き摺り下ろして急発進したところ、運悪く、その女性が死んでしまう。
事件発覚を恐れて、その若い女性の死体を打っ棄って、ウェイトレスのアパートへしけこむ二人。
事故に居ても立ても居られず、また異様に興奮した二人は、その後も、女性を切り刻んでは性的興奮を得ようとする・・・・

桂千穂の脚本は異様な迫力であり、長谷部監督はそれを陰湿にならないようアクション映画として撮っています。

しかしながら、ストーリーの幅が狭いので、どうしても一本調子の感は否めず、といったところ。

題材の面白さやキレのいい演出など見所は多いですが、★3つといったところでしょうか。

長谷部安春監督に黙祷。

↓DVDはコチラから↓


↓勝手に関連『ナチュラル・ボーン・キラーズ』DVD&ブルーレイはコチラから↓
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『暴行切り裂きジャック』:長谷部安春監督版『ナチュラル・ボーン・キラーズ』@中古購入VHS キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる