キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『日本沈没』1973年版:SFスペクタクル映画というよりも実験シミュレーション映画 @レンタルDVD

<<   作成日時 : 2010/05/09 08:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


2006年にリメイクされた『日本沈没』、そのオリジナル版をDVDで鑑賞しました。

今回で2回目の鑑賞。
初公開時はまだ幼くて、この手の映画を観る年齢には至っていませんでした。
その後、成年してから東京のフィルムセンターでの特集上映の際に鑑賞して、今回は、まだ未見の妻が観たい!ということなので、一緒にDVDで鑑賞しました。

さて、この映画、スペクタクル映画、パニック映画というよりも、実験シミュレーション映画の趣が強いです。
たしかに、日本が沈没していく様を東宝特撮陣により表現されていますが、「国を失う民族は、どうすればよいのか?」という着眼でつくられています。

ですので、前半の主役は小林桂樹演じる科学者、後半は丹波哲郎演じる内閣総理大臣の活動が中心となっています。
潜水艇の操縦士の青年・藤岡弘と恋人・いしだあゆみの恋愛模様は刺身のツマ程度にしか描かれていません。
(というよりも、いしだあゆみは完全な添え物ではありますまいか)

このあたりがリメイク作品と方向性がまるっきり異なります。

「国を失う民族は、どうすればよいのか?」という主題は、高度成長期の日本に対するアンチテーゼです。
ですが、グローバルに観れば、国家の消滅・誕生は20世紀末から繰り返されてもきています。

この映画では物理的に「沈没」という形で国家が消滅しますが、「経済的に」沈没する国家もあるかもしれません。
ギリシアの経済危機を思いながら、ふと、考えました。

評価としては★3つ半としておきます。

↓DVD&ブルーレイはコチラから↓
 

↓リメイク版はコチラから↓


--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画20本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 2本)
  日本映画 6本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画20本(うちDVD、Webなどスクリーン以外18本)
  日本映画14本(うちDVD、Webなどスクリーン以外13本)←カウントアップ
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も見たことないです。
「日本以外全部沈没」は、見ました。
 動画 http://dramato.blog98.fc2.com/blog-entry-5697.html
一応、コチラも
>「国を失う民族は、どうすればよいのか?」という着眼でつくられています。
が…(^^;)
優駿
2010/05/11 08:39
優駿さん、コメントありがとうございます。
『日本以外全部沈没』も同じ主題でしたか・・・。
うーむ、20年ほど前に筒井康隆の原作は読んでいますが、まるっきり記憶にない・・・
りゃんひさ
2010/05/12 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
『日本沈没』1973年版:SFスペクタクル映画というよりも実験シミュレーション映画 @レンタルDVD キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる