キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『引き出しの中のラブレター』:新しい松竹映画のレーベル、って感じ @レンタルDVD

<<   作成日時 : 2010/05/26 00:24   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


2009年公開の『引き出しの中のラブレター』。
おおっ、『60歳のラブレター』も同じ年公開で松竹配給だったような・・・
というわけではないですが、なんとなく、「新しい松竹レーベル」って感じがします。
どちらも群像劇、ものすごく感動するほどではないが(『60歳のラブレター』は、ちょいボロ泣きでしたが)、うまくピタリときまる感じ。
さて、この映画・・・

どうやら、常盤貴子が実際にパーソナリティ(というのは死語のようで、この映画ではナビゲイターといってる)を勤めたラジオ番組が元ネタのよう。
前半は、関係がなさそうな人々のようすを描いて、中盤で、常盤貴子と今は亡き父親との関係を、父親が残して机の中に仕舞われたままの手紙で、集約していきます。

タイトルの「ラブレター」は恋文ではなく、懸想文。
誰かを想い、大切に想う気持ちをしたためたもの。
既に書かれていても、これから書こうとしてもかまわない。
想いをナビゲイターがリスナーに届ける。
そういうハナシであります。

で、中核になるのは、函館在住の老漁師・仲代達矢が40年前に別れた妻と、あまり関係がうまくいっていない息子への想い。

ベタつくといえばベタついたハナシではありますが、意外と、いろんな人々がピタリとはまって、悪くない。

劇場公開は見逃しましたが、自宅のリビングで観るには心地よい感動がある類の映画でした。

評価としては★3つとしておきます。

↓DVDはコチラから↓


--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画21本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 2本)
  日本映画 7本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画26本(うちDVD、Webなどスクリーン以外24本)
  日本映画18本(うちDVD、Webなどスクリーン以外16本)←カウントアップ
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『引き出しの中のラブレター』:新しい松竹映画のレーベル、って感じ @レンタルDVD キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる