キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『人間の絆』:サマッセット・モームの小説を映画化 @廉価版DVD

<<   作成日時 : 2010/08/02 00:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


『そして誰もいなくなった』が観たかったので購入した文学作品映画の10枚組みDVDの1本です。
サマセット・モームの同名小説の映画化ですが、日本初公開当時は谷崎潤一郎の小説にあやかって『痴人の愛』というタイトルで公開されました。
主演はレスリー・ハワードとベティ・デイヴィス。

レスリー・ハワードは障害を持った医学生、彼が心底惚れる女性にベティ・デイヴィスが扮しています。
自由奔放でレスリーを手玉にとるベティ・デイヴィスの悪女ぶりが凄まじく、この映画の魅力です。
悪女としての凄まじさだけでなく、実のところホントウに信頼して愛しているのはレスリーだけ、といった女の性(さが)を感じさせ、哀れでもあります。

かなり長い小説を90分にまとめたので、ややせせこましいところはありますが、最近の無駄に長い映画よりは好感が持てます。

『人間の絆』と聞くと、よい意味での「絆」の思い出しますが、この映画では「棄てられないもの」「ひきずるもの」「拘束するもの」の意味で使われています。

ですので、レスリーにおけるベティは、まさにファム・ファタール、宿命のおんななのであります。

評価としては★3つ半です。

↓DVDはコチラから↓

コチラのDVDは初公開時にタイトルで発売中ですね。

鑑賞したのはコスミック出版社から発売されているもの。
↓コチラから購入できます。
http://www.meiga-500.com/catalog/product_info.php?products_id=354

--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画25本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 2本)
  日本映画11本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画59本(うちDVD、Webなどスクリーン以外58本)←カウントアップ
  日本映画21本(うちDVD、Webなどスクリーン以外19本)
------------------




人間の絆 CCP-176 [DVD]
株式会社コスミック出版

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 人間の絆 CCP-176 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『人間の絆』:サマッセット・モームの小説を映画化 @廉価版DVD キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる