キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ダーリンは外国人』:原作エピソードを活かした好仕上がりラブコメ @レンタルDVD

<<   作成日時 : 2010/10/10 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


原作マンガ『ダーリンは外国人』が映画になると聞いたときはビックリしました。
ええ!? エピソードの羅列のようなものが、映画に出来るのかしらん?と半信半疑でした。
主役のふたりも、原作マンガと比べると美男美女で、むむむむむ。
ということで、劇場へ足を運ぶのは遠慮して、でも、レンタル開始にあわせて早速DVDにて鑑賞です。

いやぁ、意外といっちゃ失礼かもしれませんが、原作のエピソードを散らばらせて活かしつつ、ラブコメとして一本、線を通したことで、かなり満足できる映画でした。

オープニングからしばらくは、原作のアニメーションが登場するなど、原作頼みかしらん、と心配になったのですが、ハナシが進むにつれて、さおりとトニーに関係がどうなるのかとハラハラもさせられました。
(どうなるかは、判っているんだけどね)

原作どおりで好かったエピソードでよかったのは「郭公の託卵」。
これは、どーしても、原作の絵が必要でしたね。

画像


原作をひねって上手くいったエピソードは、さおりがトニーの実家を訪れるエピソード。
(ネタバレになるので、詳細は割愛)

あと意外だったのは、さおり役の井上真央が良いこと。
いっちゃ悪いが、意外とスタイルが良くなくて、それが現実感を与えていました。

評価はオマケも込みで★3つ半としておきます。

ミニシアター系の日本映画のレビューはコチラから
⇒『死にゆく妻との旅路
⇒『海炭市叙景
⇒『スイート リトル ライズ
⇒『ゲゲゲの女房
⇒『マザーウォーター
⇒『パレード
⇒『ソラニン
⇒『CATERPILLAR キャタピラー
⇒『オカンの嫁入り
⇒『トイレット

↓DVD&Booksはコチラから↓


 



 

 

 

--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画39本(うちDVD、Webなどスクリーン以外10本)
  日本映画18本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 4本)←カウントアップ

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画80本(うちDVD、Webなどスクリーン以外79本)
  日本映画22本(うちDVD、Webなどスクリーン以外20本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜ん、日曜の昼さがり、まったりとして観るにはいい作品化と。でも原作マンガの方が数段面白い。それと知っている身としてはちとモノ足らんなあ。
かばくん
2010/10/24 14:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ダーリンは外国人』:原作エピソードを活かした好仕上がりラブコメ @レンタルDVD キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる