キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『永遠の語らい』:オリヴェイラ監督が語りかけるもの @BS

<<   作成日時 : 2010/11/13 11:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


タイトル『永遠の語らい』は「とわのかたらい」と読みます。
なんだか恋人同士が歳降っても語り続けるみたいな、儚(はかな)げなタイトルです。
ポルトガル語の原題は「UM FILME FALADO」。英語タイトルは「A TALKING PICTURE」。
直訳すると「語る映画」。
ポルトガルの巨匠マノエル・ド・オリヴェイラが撮ったこの映画は、全編、会話で成り立っています。
その会話は、映画と通して、オリヴェイラ監督が語っているというわけです。

ポルトガルの大学で歴史を教えている女性教授が、幼い娘をつれて、豪華客船でインドにいるパイロットの夫に逢いに行きます。
航海の途中、寄港先の町々の歴史を、女性教授が娘に教えます。
ポルトガル・リスボン、フランス・マルセイユ、イタリア・ナポリ、ギリシア・アテネ、トルコ・イスタンブール、エジプト、スエズ運河、アデンと巡る旅は、地中海文明歴史紀行です。
ここまでが前半。

後半は、船中での語らい。
アメリカ人船長ジョン・マルコヴィッチ、フランスの女性実業家カトリーヌ・ドヌーヴ、ギリシアの女優イレーネ・パパス、イタリアの(これも女優だったか)ステファニア・サンドレッリ、その四人が自国の言葉で話しをしていきます。
自国語で話しながらもそれぞれの言っていることは理解ができる、というもの。
四人のテーブル近くの居た先のポルトガル人女性教授と娘が、後から、その輪の中に加わります。

そして、終盤。
急転直下、船に爆弾が仕掛けられたと、大騒ぎになり・・・・
この展開、前触れも何もなく、急に勃発して、そしてビックリする結末を迎えます。

ロードショウ公開当時に観ていた妻からハナシを聞いていたので、オリヴェイラ監督の意図はおおよそついていましたが、何の前知識もなく、この映画に遭遇すると唖然とするしかないでしょうね。

さて、9.11の事件直後に撮られたということから、オリヴェイラ監督が語るものは明らかです。
長い長い時間をかけて築いてきた文化や文明は、テロの前には、一瞬にして破壊されてしまうというもの。

ただし、この映画はそれだけではありません。
ヨーロッパ・ポルトガル人としての視線を感じます。

前半で象徴的なのは、ギリシア・アテネの宮殿、アテナイ像がトルコ・オスマン帝国により破壊・持ち去られたというもの。
それと、トルコ・イスタンブールのモスク(現在は博物館になっている)が元々は、カトリックの教会だったこと。そのため、そもそもカトリックの聖地エルサレムに向いていた壁へきが、イスラム教の聖地メッカに向けたため歪(いびつ)になったということ。
イスラム世界には、好感情を抱いていないことが読み取れます。

後半で象徴的なのは、フランス語、イタリア語、ギリシア語、英語で会話し、意思疎通ができていたものが、ポルトガル人親子が混じったために、世界共通語の英語で会話せざるを得なくなったこと。
ここでの英語は、アメリカの象徴で、アメリカが世界を席巻・支配してしまったことを、ギリシア語はギリシアでした通じなくなったことを嘆くイレーネ・パパスを通して語られます。
そして、そのイレーネ・パパスは、風にとばされるタンポポの歌を歌います。
タンポポは文化・文明、風はアメリカ。
アメリカにも、好感情を抱いていないことが読み取れます。

そして、終盤。
急転直下、船に爆弾が仕掛けられたと、大騒ぎになり・・・・
ポルトガル親子が巻き添えを食ってしまいます。
その原因となるのが、アメリカ人船長が娘にプレゼントしたアデンの町で買った人形。
アメリカ人船長は、良かれと思ってしたことが、かえって悲劇に繋がってしまう。
そして、ラストカットの驚愕の船長の顔。
そこへ被るイレーネ・パパスは、風にとばされるタンポポの歌。

淡々とした映画ながら、凄まじさを感じるこのような映画を撮るオリヴェイラ監督、ほんとうに恐ろべしぃではありますまいか。

評価は★4つとしておきます。

最近観たミニシアター映画のレビューはコチラから
⇒『悲しみもミルク
⇒『トゥルー・グリット
⇒『パリ20区、僕たちのクラス
⇒『英国王のスピーチ
⇒『ヤコブへの手紙
⇒『しあわせの雨傘
⇒『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人
⇒『人生万歳!』
⇒『クリスマス・ストーリー
⇒『Ricky リッキー
⇒『アンナと過ごした4日間
⇒『シングルマン
⇒『ルイーサ
⇒『ニューヨーク、アイラブユー
⇒『バグダッド・カフェ
⇒『彼女が消えた浜辺


↓DVDはこちらから↓


↓オリヴェイラ監督DVD-BOXはこちらから↓
 

--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画41本(うちDVD、Webなどスクリーン以外10本)
  日本映画20本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 4本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画85本(うちDVD、Webなどスクリーン以外84本)←カウントアップ
  日本映画22本(うちDVD、Webなどスクリーン以外20本)
------------------




【映画パンフ】世界の始まりへの旅 マノエル・デ・オリヴェイラ
moviestock2

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【映画パンフ】世界の始まりへの旅 マノエル・デ・オリヴェイラ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

階段通りの人々 [DVD]
紀伊國屋書店

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 階段通りの人々 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『永遠の語らい』:オリヴェイラ監督が語りかけるもの @BS キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる