キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ゲゲゲの女房』:見えないものを信じるということ @ロードショウ・シネコン

<<   作成日時 : 2010/11/20 22:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 0

画像


NHKの朝の連ドラでも取り上げられた題材が、映画となって登場です。
とはいえ、連ドラは観ていませんので、どれぐらい人気があったのかは知らないのですが・・・
さて、映画。

ひとことでいうと、昭和の貧乏話。
ですが、そう云うと身も蓋もない。

終盤、水木しげるがつぶやく「目に見えない妖怪なんて誰も見向きもしない。(高度成長期の)いまは目に見えるものしか信じられないんだ」という言葉の本質がテーマとして活きています。
「目に見えない妖怪」を、目に見えない絆や情愛や信頼と置き換えてもよいでしょう。
ですので、淡々とした起伏のない物語でも興味深く観ることができました。

演出も一工夫をしています。

そこかしこに居る妖怪たちを、説明のないまま、ぽーんと登場させています。

布枝さんの実家、一家団欒の食卓にいる物言わぬ老人。
多摩川で笊(ざる)を使って魚を獲る女とそれを見守る二人の男。

最後の最後で、妖怪であったことが示されますが、途中途中では、説明がないので、ある種の雰囲気を感じさせます。
これは、目に見えないものを見えるように、それでいてぶきらぼうに描いています。

もうひとつは、現代との継続性。

貧乏なのは、昭和のあの時代だけではない、と云わんばかりに、現代の風景が写りこむことを避けずに、意図的に映しこんでいきます。

水木夫妻の家の二階に間借する金内が調布駅前で似顔絵を描きの呼び込みをするところ。これは紛れもなく、現在の調布駅。
家出して姉の家で一夜を過ごした布枝を、しげるが迎えにいく畑の風景。奥には現代のマンションが映り込んでいます。

それから忘れちゃいけないのは、布枝さんのバイタリティの表現。
これを振り子時計のネジを巻くという所作で表したのは、かなり上手いです。
エンドタイトル前のラストカットが、時計のネジを巻くカットで終わっているのは、そういう意味です。

こういう起伏のあまりない物語を淡々と、それでいて飽きさせずに魅せるというのが、演出のうまいところです。

評価は★3つ半としておきます。

セピアがかった画調が少々汚れた感じがするのが減点です。画質がもう少しよければ★4つでもよかったのですが。



ミニシアター系の日本映画のレビューはコチラから
⇒『死にゆく妻との旅路
⇒『海炭市叙景
⇒『スイート リトル ライズ
⇒『マザーウォーター
⇒『ダーリンは外国人
⇒『パレード
⇒『ソラニン
⇒『CATERPILLAR キャタピラー
⇒『オカンの嫁入り
⇒『トイレット

--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画43本(うちDVD、Webなどスクリーン以外11本)
  日本映画22本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 4本)←カウントアップ

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画85本(うちDVD、Webなどスクリーン以外84本)
  日本映画22本(うちDVD、Webなどスクリーン以外20本)
------------------




妖怪家族
ガイナックス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 妖怪家族 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゲゲゲの女房/吹石一恵、宮藤官九郎
NHKの朝ドラ版は久々にハマって全話欠かずに夢中になって観ちゃいました。とても面白かったし感動もした素敵なドラマでしたね。『ゲゲゲの鬼太郎』で有名な日本の大漫画家・水木し ... ...続きを見る
カノンな日々
2010/12/15 15:53
『ゲゲゲの女房』
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「ゲゲゲの女房」□監督 鈴木卓爾□脚本 大石三知子□原作 武良布枝□キャスト 吹石一恵、宮藤官九郎、坂井真紀、村上 淳、柄本 佑、鈴木慶一、徳井 優、南 果歩■鑑賞日 12月11日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  久しぶりに納得のいかない邦画を観てしまった。 NHKのドラマは観ていなかったが、もちろん布枝夫人の書いた原作は読んでいた。 この映画はその一部分を拡大して描いたものなのだろうが、「貧乏」と... ...続きを見る
京の昼寝―♪
2010/12/15 17:19
ゲゲゲの女房
「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家・水木しげるの妻、布枝夫人の同名の自伝を、NHKの朝の連続ドラマに続いて今度は映画化。お見合い後僅か5日後に結婚し、漫画が売れ始めるまでの極貧生活を描いている。主人公・布枝夫人を演じるのは『さらば愛しの大統領』の吹石一恵。水木しげるは監督・脚本家でも活躍する宮藤官九郎が演じる。監督は『私は猫ストーカー』の鈴木卓爾。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2010/12/15 23:11
ゲゲゲの女房
映画「ゲゲゲの女房」オリジナル・サウンドトラック漫画家・水木しげるとその妻・布枝の夫婦の半生を描く物語は、NHKの朝の連続ドラマでも人気だったが、映画は、明るくさわや ... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち...
2010/12/16 00:03
「ゲゲゲの女房」映画的な何かを期待したが見当たらない。
「ゲゲゲの女房」★★★ 吹石一恵、宮藤官九郎 出演 鈴木卓爾 監督、119分 、2010年11月20日順次公開、2010,日本,ファントムフィルム (原作:原題:ゲゲゲの女房) ...続きを見る
soramove
2010/12/20 23:10
ゲゲゲの女房
『ゲゲゲの鬼太郎』などの漫画家、水木しげるの妻による同名自伝エッセイを「私は猫ストーカー」の鈴木卓爾監督が映画化。昭和の貧しい時代に逞しく生きた夫婦の半生を綴る。出演 ... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2011/01/14 15:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ゲゲゲの女房』:見えないものを信じるということ @ロードショウ・シネコン キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる