キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ヤコブへの手紙』:打ち棄てられたふたり、そして希望 @ロードショウ・ミニシアター

<<   作成日時 : 2011/02/07 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

画像


フィンランドの田舎を舞台にした75分の秀作です。
タイトルのヤコブは盲目の老神父の名前。
そのヤコブの許へ、終身刑で収監されていた女性レイラが恩赦により釈放され、ヤコブに送られてくる何通もの手紙を代読し、返事を書くという役目でやって来ます。
しかし、ある日、ヤコブへの手紙へ送られてくる手紙は一通もなくなり、レイラは自らの過去を語ることになります・・・

物語は至ってシンプル。
ですが、根底に北欧のキリスト教観が流れており、それがひとつの寓話ような感じを与えます。

画像


手紙は何の理由もなく、一通も送られてこなくなりますし、また、高齢のため、なにもない一日を結婚式と間違えるほど、ヤコブは衰えてしまいます。
神は見放したのか・・・そう思ったヤコブは、神父の正装着に触れ、聖餅と聖水を口にし、教会の床に横たわったとき、天井からの雨粒がヤコブの額をうちます。
神は見放していない。

送られてくる手紙に対して、聖書の一節を添えて返事をすることは「神の助けをしている」と思っていたヤコブですが、ホントウのところは「手紙によってヤコブ自身が助けられていたこと」に気づきます。

そして、これまで送られてこなかった手紙が届きます。
それは、偽りだということはヤコブも気づいています。
そして、レイラが手紙を読むふりをして、自分自身の過去を語ります・・・
そのとき、ヤコブは下着姿で、神父ではなく、ひとりの老人として、彼女の話を聞くのです。

ヤコブの物語は、神と人間のひとつの寓話でしょう。

レイラの物語はどうでしょう。

画像


止むに止まれぬ理由からとはいえ、姉の夫を殺してしまいました。
姉を助けるつもりでしたが、姉の伴侶を奪ったことになってしまいました。

そんな自分は終身刑、罪を背負ったまま死に果てていくことこそが相応しい。
ですから、送られてくる手紙にヤコブが添える聖書の一節は、虚しく聞こえます。
神は、ひとを殺めた自分を救ってくれるわけはないからです。

そしてある日、神の代弁者としての神父のヤコブがなにもない一日を結婚式と間違えてしまいます。
その混乱したヤコブを観たレイラは、神の不在を知り、ヤコブを見捨ててしまいます。
神が不在ならば・・・キリスト教では大罪である、自ら死を選んでもかまわない、と決意します。

そこへヤコブが帰ってきます。
「神は見放していない。手紙によって自身が助けられていたこと」に気づいたヤコブが。
そのときのヤコブは神父ではなく、ひとりの衰えた老人でした。

そして、これまで送られてこなかった手紙が届きます。
それは、ヤコブを助けようとして、郵便配達人に無理に頼んだものです。
手紙などありません。
一冊の雑誌を郵便配達人から受け取り、手紙を読むふりをします。
一通目の手紙でヤコブはそれが偽りだということに気づいています。

仕方なく、レイラは自分自身の過去を語ります・・・
それは、神父の前に跪(ひざまず)く女性ではなく、ひとりの老人に語りかけるひとりの女性として。
そして彼女はヤコブが自分の過去もなにもかもを知っていたことを知るのです。

神と人間の物語から、人間と人間の物語へと昇華していきます。

近年稀なる題材を、淡々と描いた秀作といえましょう。
評価は☆5つです。

最近観たミニシアター映画のレビューはコチラから
⇒『悲しみもミルク
⇒『トゥルー・グリット
⇒『パリ20区、僕たちのクラス
⇒『英国王のスピーチ
⇒『しあわせの雨傘
⇒『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人
⇒『人生万歳!』
⇒『クリスマス・ストーリー
⇒『Ricky リッキー
⇒『永遠の語らい
⇒『アンナと過ごした4日間
⇒『シングルマン
⇒『ルイーサ
⇒『ニューヨーク、アイラブユー
⇒『バグダッド・カフェ
⇒『彼女が消えた浜辺


------------------
2011年映画鑑賞記録

 新作:2011年度作品
  外国映画 2本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)←カウントアップ
  日本映画 1本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)

 旧作:2011年以前の作品
  外国映画 1本(うち劇場 0本)
  日本映画 0本(うち劇場 0本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヤコブへの手紙
フィンランドの片田舎にある教会に一人で住む盲目の老牧師と、恩赦で刑務所を出所した元囚人の女性の交流を描いたヒューマンドラマだ。主演はカーリナ・ハザードとヘイッキ・ノウシアイネン。監督はフィンランドの俊英クラウス・ハロ。ヤコブ牧師の行動が、固く閉ざされた女性の心を溶かしていく繊細なタッチに注目。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/02/11 01:00
『ヤコブへの手紙』 世の中から必要とされていないのは誰だ?
 【ネタバレ注意】 ...続きを見る
映画のブログ
2011/02/11 01:04
ヤコブへの手紙
公式サイト。フィンランド映画。原題:POSTIA PAPPI JAAKOBILLE、英題:Letters to Father Jacob。クラウス・ハロ監督、カーリナ・ハザード、ヘイッキ・ノウシアイネン、ユッカ・ケイノネン、エスコ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2011/02/11 07:48
ヤコブへの手紙 (試写会)
手紙に支えられて 公式サイト http://www.alcine-terran.com/tegami1月15日公開第82回米アカデミー賞外国語映画賞フィンランド代表作上映時間75分終身刑のレイラは、1 ...続きを見る
風に吹かれて
2011/02/11 15:46
ヤコブへの手紙
公式サイト言葉少ない物語だが、最後には静かな感動に包まれる小さな秀作。根底に流れるテーマは、孤独と贖罪だ。1970年代のフィンランドの片田舎。12年間暮らした刑務所から恩赦に ... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち...
2011/02/11 23:31
映画『ヤコブへの手紙』。ぽろぽろ泣いちゃった。
 親を殺す。そういう酷い映画を2本観たが、昨日に観た東野圭吾原作の邦画『白夜行』は、ひどく後味の悪いものだった。以前あったと思われる社会の“包容力”、そんなもんを、単に刑事の絶叫でちらっと見せようとしたのだが、観てるほうはドン引き。それに比べ、この映画の、静謐なる作り手の志の高さ! ...続きを見る
今日の素敵さがし
2011/02/14 22:08
mini review 12550「ヤコブへの手紙」★★★★★★★☆☆☆
1970年代のフィンランドの片田舎を舞台に、人を寄せ付けない元囚人と悩める人々を癒やす盲目の牧師との繊細な交流を描き、各国の映画祭で称賛された感動的な人間ドラマ。刑務所を出所したヒロインが牧師のために手紙を音読する日々と、二人の心に宿る絶望と希望とを淡々と... ...続きを見る
サーカスな日々
2012/01/07 19:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ヤコブへの手紙』:打ち棄てられたふたり、そして希望 @ロードショウ・ミニシアター キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる