キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『あしたのパスタはアルデンテ』:今夜のパスタは、こんがらがって @ロードショウ・ミニシアター

<<   作成日時 : 2011/09/10 09:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


なんだか美味しそうなタイトル。
それに、本国で大ヒット。
ということなら、トーゼン、イタリアンコメディなのだろうなぁと期待して出かけました。

保守的な田舎町で老舗のパスタ工場を営む両親。
息子がふたり。
兄は田舎に残って父親の仕事を継ぎ、弟はローマへ出て小説家を目指している。

祖母の誕生日を祝うかなにかで帰郷した弟。
たぶん、夜の家族揃っての会食では、父親の後継者の話題が出るはず。

弟としては、工場は継ぎたくない。
ローマで小説家を目指しているし、愛する彼もいる。

ならば、と先手を打って、その事実、その心情を兄に打ち明けたところ・・・
なんと、兄が先に、会食の席上で、自分には愛する「彼」がいると、爆弾発言!

イタリアコメディな感じのストーリーなんだけれども、どうにもこうにも演出がチグハグ。

巻頭からして、ありゃりゃ。

森の中を駆け抜けるウェディングドレス姿の花嫁。
石造りの古い建物の階段を登っていく。
男性がひとり、手にはピストル。
そのピストルを自らのほうに向ける・・・

なんだ、こりゃ?
演出も、堂々としすぎていて面食らう。

これは、どうも祖母の若かりし頃のエピソードらしい。
映画が進むうちに、おぼろげに判ってくるのだが、祖母はそもそも夫の兄だか弟だかのどちらかと恋仲だったのだが、訳あって、愛するひとではない方と結婚することになった。
件のピストル男は、愛するひとの方。
祖母は悲しみを乗り越えて、夫とパスタ工場を切り盛りしてきたのだった・・・

映画の根幹は、祖母の物語。
根幹に祖母の物語があって、その枝葉として、頑固な息子(祖母からみれば息子)、婚期を逃した娘(その妹)、ゲイの孫兄弟のエピソードがあるべきところのはずが、枝葉のエピソードに突出したハナシをもってきているので、幹が見えなくなった感じです。

祖母の物語が根幹である証左として、映画は祖母の死で締めくくられます。
そして、その祖母のお葬式が、冒頭の祖母の結婚式と渾然一体となります。
巨匠フェリーニを彷彿とさせる幻想的なシーンであります。

しかしながら、映画の大半を占める孫兄弟のエピソードや、父親との物語、婚期を逃した叔母、それぞれのエピソードの演出が泥臭く、時には爆笑を誘うが、大半はシンネリムッツリ顔だったりで、全体としてはチグハグな印象は否めません。

評価は★3つとしておきます。

<追記>
原題「Mine Vaganti」は海上機雷・水中機雷のことだそうです。
転じて、「爆弾発言」もしくは「いつ爆発するか判らないひと(ことがら)」の意味で、タイトルに付けられたのでしょう。

最近観たミニシアター映画のレビューはコチラから
⇒『ゴーストライター
⇒『未来を生きる君たちへ
⇒『かぞくはじめました』←劇場未公開ですが
⇒『サラエボ、希望の街角』 @名画座
⇒『ブルーバレンタイン』 @名画座
⇒『人生、ここにあり!
⇒『人生に乾杯!
⇒『ファンタスティックMr.FOX』@名画座
⇒『イリュージョニスト』@名画座
⇒『愛する人』@名画座
⇒『ハーモニー 心をつなぐ歌』@名画座
⇒『終着駅 トルストイ最後の旅
⇒『クレアモントホテル』@名画座
⇒『四川のうた
⇒『クロエ
⇒『ジュリエットからの手紙

------------------
2011年映画鑑賞記録

 新作:2011年度作品
  外国映画30本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 6本)←カウントアップ
  日本映画11本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 2本)

 旧作:2011年以前の作品
  外国映画29本(うち劇場 5本)
  日本映画 5本(うち劇場 0本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に肝心のところが訳がわからない映画でしたね。そのハッキリしない祖母の話が一番おもしろいのに、あれでは他の話もいきてこないというもの。
想像するに、祖母は弟を愛していたのだが、何らかの事情、おそらく当時のいろんなしがらみの縛られて、駆け落ちもできず、兄の方と結婚せざるを得なかった。でもパスタ工場は、その弟と一緒に苦労しながらやってきたので、パスタに対する愛は弟への愛と重なって、パスタをいとおしいと思っている。(これも想像ですが、兄はあまり工場経営には関心がなく、弟にまかせっきりだったのではないでしょうか。)
自身のそんな人生を思い、せめて孫達には好きな生き方をしてほしいと考えるのは当然だし、
死ぬときは好きな死に方をしたいと思うのも、道理ですね。
うまく撮ればかなり面白い作品になったと思うのに、残念です。
でもいかにもイタリア人らしいやりとりなど描かれていたのには、大いに満足でした。
ぷ〜太郎
2011/09/12 10:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
『あしたのパスタはアルデンテ』:今夜のパスタは、こんがらがって @ロードショウ・ミニシアター キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる