キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『聯合艦隊司令長官 山本五十六』:不戦艦隊司令長官の皮肉な一生 @ロードショウ・一般劇場

<<   作成日時 : 2012/01/08 21:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

画像


サブタイトルに『太平洋戦争70年目の真実』と付いているが、映画のメインタイトルはあくまでも『聯合艦隊司令長官 山本五十六』。
戦争映画ではあるが、あくまでも「山本五十六」そのひとに焦点をあてた映画である。

日米開戦を避け、あくまでも講和のみちを模索していた山本五十六。
映画の中では、非常に論理的なひととして描かれている。
日米の生産能力の差を真摯に捉え、戦争をせずに講和が平和のみちである、との信念がある。

その男が、聯合艦隊司令長官になり、日米開戦の火蓋を切る真珠湾攻撃の指揮を執る。
その作戦は、米国の空母を叩き、機動力を殺ぎ、日本を直接攻撃・本土戦闘から守るべく早期講和に導こうというもの。
しかしながら、米国艦艇に被害は与えたものの、米国空母は無傷のまま。
それも、最後通牒が米国駐在員の不手際により、強襲から1時間も後となってしまう。

山本五十六本人にとっては真珠湾攻撃は「失敗」であった。
が、日本国内では「戦勝」に沸き立っていく・・・

映画は、「戦争回避」「早期講和」の立場に立っていながら、戦争の中心となってしまう山本五十六を丁寧に描いていく。
大日本帝国戦記を綴る若き新聞記者を語り部として。
若き新聞記者を語り部とした点が巧く、客観的な人物伝として見ることができるので、映画そのものがクールな印象を受ける。

真珠湾攻撃以降も、ミッドウェイ海戦でも皮肉な結果となり、どんどんと早期講和から遠のいてしまう。
彼の死に様も皮肉である。
聯合艦隊司令長官である彼が、飛行機の中で死んでしまうのである・・・

いけいけドンドン的な戦争スペクタクル映画とは正反対の映画で、「平和」と「人生」について、考えさせられる映画でした。

評価は★4つとしておきます。

------------------
2012年映画鑑賞記録

 新作:2012年度作品
  外国映画 0本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)
  日本映画 1本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)←カウントアップ

 旧作:2012年以前の作品
  外国映画 1本(うち劇場 0本)
  日本映画 2本(うち劇場 2本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
突然のコメント恐縮です。
mizu223と申します。
私も同意見でして、「平和」「人生」など多くのことを考えさせられました。
連合艦隊艦長である五十六が、長岡出身の一家庭人としての、もうひとつの顔をみせる場面がとてもすきです。あと、舞台挨拶にて玉木宏さんが、ナレーションがいいとよくほめてもらえるとおっしゃってました。開戦のきっかけや、
当時の指揮をとっていた人達の様子、そして
実際の戦況と国内の反響との差など、この映画
で初めて知ることが多々ありました。
★4つ同感です。
職場の裏で撮影していた戦闘機の場面が真珠湾の艦隊の上となっていましたのはびっくりでした。
以上です。
mizu223
2012/01/16 04:01
mizu223さん、コメントありがとうございます。
>職場の裏で撮影していた戦闘機の場面が真珠湾の艦隊の上となっていましたのはびっくりでした。
撮影現場がどんなだったか興味津々です。

今後ともご贔屓のほど。
りゃんひさ
2012/01/16 19:10
初めまして。私も、この映画は観ました。感想は少し異なりますが、面白い映画でした。山本五十六が平和主義者であることは伝わりました。この映画はもっと沢山の人に観てもらいたい映画でしたネ。周りには薦めておきました。どういう感想を持つかは、個々人の問題です。
ピオーネパフェ
2012/02/09 07:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
『聯合艦隊司令長官 山本五十六』:不戦艦隊司令長官の皮肉な一生 @ロードショウ・一般劇場 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる