キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ラビット・ホール』: 哀しさ辛さの根っこは同じ @レンタルDVD

<<   作成日時 : 2012/04/15 22:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


8ヶ月前に4歳の息子を突然の交通事故で喪った夫婦。
夫婦は、それぞれの方法で哀しさを癒し、乗り越えようとしているのだが、それぞれの方法が異なるが故に、相手の心が理解できない・・・
そんな夫婦が哀しみに折り合いをつけて、次の人生を始めようとする。
そんな物語の映画です。

タイトルの『ラビット・ホール』とはウサギの巣穴のこと。
ウサギの巣穴は、地面の下に掘られ、いろいろな入り口はあるものの、奥の巣はひとつ。
哀しさ辛さの根っこは同じ。
でも、出てくるところが異なれば、まるで違ったところへ出てくる。
哀しみに折り合い、乗り越えようとする夫婦の、その折り合い方、乗り越え方が異なることの喩えであります。

また、同時に、事故を起こした少年が描くコミックのタイトルでもあります。
少年の描くコミックでは、少年が幼い頃に亡くなった父を訪ねる多元宇宙(パラレルワールド)の比喩として用いられており、そのイメージが素晴らしい画で表現されています。

映画は、哀しみに折り合いをつけた夫婦の姿で終わります。

それまでは、異なる方法、異なる手段で折り合いをつけようとして、それが却って相手に対する不信に繋がっていたのですが、友人たちを招いてのガーデンバーベキューパーティを開きます。
そのパーティがお開きになり、静寂の訪れた庭の椅子に、ふたり並んで、同じ方向を見ているところで終わります。

根っこが同じでも表し方が異なったが故に受け容れることができなかったふたりが、互いの哀しみを受け容れて折り合っていきます。
心に残るエンディングです。

評価は★4つとしておきます。

 

------------------
2012年映画鑑賞記録

 新作:2012年度作品
  外国映画 6本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)
  日本映画 4本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)

 旧作:2012年以前の作品
  外国映画12本(うち劇場 0本)←カウントアップ
  日本映画 4本(うち劇場 2本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ラビット・ホール』: 哀しさ辛さの根っこは同じ @レンタルDVD キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる