キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『レンタネコ』: 散漫 @ロードショウ・シネコン

<<   作成日時 : 2012/05/22 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


『かもめ食堂』から始まった「なんとなくストーリーはなくても癒し系映画」の本命・荻上直子監督の最新作。
失礼、「なんとなくストーリーはなくても」なんてことはしていず、しっかりストーリーのあった荻上作品なのですが・・・

残念。
今回は、散漫なままだった。

まだ若いような、もう若くないような独り暮らしの女性が、「なぜかネコにだけ好かれる」ということで、「こころの穴ぼこを埋める」お役立ちしているレンタネコ。
まぁ、着想はそれほど悪くないかもしれないが、ハナシがブツ切れ、団子串刺し、いや串から外れている、といったところ。

草村礼子と光石研の2エピソードまではそこそこ見れましたが、そのあとは・・・

ということで、評価は★2つですねぇ。

 

------------------
2012年映画鑑賞記録

 新作:2012年度作品
  外国映画 9本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)
  日本映画 8本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)←カウントアップ

 旧作:2012年以前の作品
  外国映画17本(うち劇場 0本)
  日本映画 4本(うち劇場 2本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
今回は確かに期待はずれですね。レンタネコを通して都会に暮らす人の寂しさを浮き立たせたかったのでしょうが、成功していません。
話に核(重し)がなく、散漫で砕け散ったという感じ。
団子串刺しのような話の連なりではなく、大きな枠の中でのいろんな人々の話にして、最後にまとめた方がよかったですね。
役者も、主人公は小林聡美のような、居るだけでスットボケタ感じのある女性と、もたいまさこのような、いるだけである種の威圧感のある女性を起用した方がよかったなと思います。

ぷ〜太郎
2012/05/23 11:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
『レンタネコ』: 散漫 @ロードショウ・シネコン キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる