キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『真夏の方程式』:うーむ、なんだか薄味 @DVD・レンタル

<<   作成日時 : 2014/01/19 12:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


容疑者Xの献身』につづく東野圭吾原作『ガリレオ』シリーズの劇場用第2作『真夏の方程式』をDVDで鑑賞しました。
監督は前作と同じく西谷弘。
さて、映画。

いまから15年ほど前、東京は高円寺でひとりの中年女性が刺殺された。
犯人はほどなく逮捕され、先ごろ出所した。
男の地元・玻璃ヶ浦では海底資源の採掘を巡り、賛成派・反対派が激しく対立していた。
玻璃ヶ浦の美しい海を守ろうとする反対派の中心・成実。
ある日、彼女の実家である旅館の泊り客のひとりが堤防下で死体となって発見された。
その泊り客は、15年前の事件を担当していた警視庁の元刑事だった・・・

事件のあらましは、こんなところ。
探偵役の天才物理学者・湯川学は、海底資源の事前調査について科学者の立場から技術的助言を与える役割で登場します。

うーむ、面白いといえば面白いのだけれども、なんだか薄味な感じでした。

まぁ、謎解きの面白さを追求する映画ではなくて、事件に関係したひとびとの想いやら何やらを腑に落とすのが狙いなんだが、ちょっと書き込みが足りないような。
映画の中盤もいかないあたりで、事件の絵姿が見えてくるのですが、そのあとが、同じような回想シーンが多く、水増しっぽく感じられました。
(実際は、それぞれの出来事を、関係者それぞれの主観で描いているのですが、演出にメリハリがないため、同じシーンに見えてしまっています)

なので、終盤の感動がいまひとつ。

評価は★3つとしておきます。
 

 



 

 

------------------
2014年映画鑑賞記録

 新作:2014年度作品
  外国映画 1本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)
  日本映画 0本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)

 旧作:2014年以前の作品
  外国映画11本(うち劇場 1本)
  日本映画 2本(うち劇場 0本)←カウントアップ
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
おっしゃる通り薄味ですね。ちょっと期待してたのに残念です。ガツンとくるものがなくて、すぐ忘れそうです。
ぷ〜太郎
2014/02/28 02:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
『真夏の方程式』:うーむ、なんだか薄味 @DVD・レンタル キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる