キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー』:ワンアイデアの小噺映画としては悪くない @DVD

<<   作成日時 : 2014/03/23 09:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


そう遠くない未来、介護ヘルパーをロボットが担う未来を舞台にしたバディムーヴィ、『素敵な相棒』をDVDで鑑賞しました。
原題は「ROBOT & FRANK」といたってシンプル。
さて、映画。

アメリカの田舎町のこれまたはずれに住む老人フランク。
娘と息子がいるが、娘はジャーナリストで海外取材生活、息子は5時間かけて週末に通ってくる。
妻とは30年前に離婚した。
そのフランク、最近、少々痴呆がひどくなってきた。
息子は、介護ロボットか、介護施設か、のどちらかを選ぶように迫ったところ、施設よりはロボットの方がマシとロボットを選んだ。
認知症予防プログラムをフランクに強いるロボットだが、フランクにはそのプログラムが気に食わない。
ガーデニングなんて、まっぴらゴメン。
そんな折り、通いなれた町の図書館が閉鎖されることになった。
昵懇の女性司書のために、その図書館に保管されている稀覯本を、昔とった杵柄を発揮して盗みだすことにした。
件のロボットを相棒にして・・・

ふーむ、奇妙なバディムーヴィですなぁ。
出てくるひとたちそれぞれに邪気がないので、ここちよく見られます。

泥棒事件の調査が進んで、ロボットに埋め込まれたメモリーが証拠になると気づいて、ロボットのメモリーを消すかどうか。
これかこの映画の山場。
痴呆により壊れていく老人の記憶と、ロボットの記憶メモリーを対比したクライマックス、です。

少々さびしく哀しい結末の付け方であります。
結果は・・・ここでは書きません。

ワンアイデアの小噺映画としてはそう悪くはありません。
評価は★3つとしておきます。

 

------------------
2014年映画鑑賞記録

 新作:2014年度作品
  外国映画 7本(うちDVDなど 1本)
  日本映画 3本(うちDVDなど 0本)

 旧作:2014年以前の作品
  外国映画27本(うち劇場 2本)←カウントアップ
  日本映画10本(うち劇場 3本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
これも期待はずれでして・・・。もっとメリハリをきかせてほしかったなあ・・・。話自体は悪くはないので残念です。
ぷ〜太郎
2014/04/03 11:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
『素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー』:ワンアイデアの小噺映画としては悪くない @DVD キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる