キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『くじけないで』:悪い映画ではないが、冗長 @DVD・レンタル

<<   作成日時 : 2014/06/04 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

60歳のラブレター』で感銘した深川栄洋(よしひろ)監督の『くじけないで』、DVDで鑑賞しました。
90歳を過ぎて詩を書き始めた柴田トヨさんの人生を映画化したものです。

92歳のトヨ(八千草薫)、夫とは死別し、ひとり暮らし。
眼病の手術ののちは意気消沈の毎日。
見かねた一人息子の健一(武田鉄矢)は新聞記事をきっかけにトヨに詩作を薦めることとした・・・

トヨが詩作を重ねる中で、過去の人生を思い起こすという構成で映画は進みます。
大正生まれで幼い頃から奉公に出、借金のかたとして嫁に行き、離縁されて戦争を経験、戦争の最中に大工である夫と知り合って結婚・・・と波乱万丈の人生です。

一人息子の健一は、心根は優しいもののこらえ性がなく、仕事も長続きしない、でも息子かわいや、の気持ち。
その気持ちを、素直に詩にしていきます。

深川監督の演出は丁寧で好感が持てますが、さすがに冗長な印象は免れません。
特に、現代のエピソードで、だらしない息子が出てくると、演出が丁寧なぶん(武田鉄矢の演技が暑苦しいことも相まって)余計に冗長に感じました。

悪い映画ではないですが、評価は★3つとしておきます。

その他の深川栄洋監督作品のレビュー
白夜行
神様のカルテ



------------------
2014年映画鑑賞記録

新作:2014年度作品:27本
 外国映画16本(うちDVDなど 3本)
 日本映画11本(うちDVDなど 0本)

旧作:2014年以前の作品:80本
 外国映画61本(うち劇場 3本)
 日本映画19本(うち劇場 3本)←カウントアップ
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんなできた親から、なぜあんなダメ息子がうまれたのか、映画はそっちのけで、そんなことばかり考えていました。
おすもうさん
2014/06/28 15:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
『くじけないで』:悪い映画ではないが、冗長 @DVD・レンタル キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる