キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『毎日がアルツハイマー』:これならばボケるのも悪くないと感じさせる母娘関係 @アンコール上映・単館系

<<   作成日時 : 2014/07/26 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

2012年7月に劇場公開された『毎日がアルツハイマー』、続編の公開にあわせてアンコール上映されたので、出かけて観てみました。
それにしても、最近、ドキュメンタリー映画づいているなぁ、と我ながら思います。
さて、映画。

オーストラリアで映画製作をしていたシングルマザーの関口祐加監督、母親の宏子さんのボケがひどく、最近自宅に籠りがちと妹から連絡を受けて帰国しました。
一緒に暮らしてみると、うーむ、なんだか物忘れが激しいみたい。
とはいえ、宏子さんはまだまだ自分では大丈夫と高をくくっている。
ところが、脳神経科を受診すると、あちゃぁぁ、アルツハイマー病と診断された・・・

と関口監督が母親との暮らしを撮った動画を一本の映画にまとめたもの。

いやぁ、宏子さん、面白いなぁ。
自慢は、白髪がないこと。
いつまでも若い気でいるあたり素晴らしい。
なので、年齢はいつまでも78歳。
むむ、これって、やっぱり、忘れてるってことだよねぇ。

そんな物忘れが進む宏子さんに対して、関口監督はナチュラルに接している。
25年以上も離れて暮らしていたとはいえ、さすが、親子。

この親にして、この子あり、って感じ。

母親への理解の深度は、原作漫画の方の『ペコロスの母に会いに行く』の岡野雄一さんもかくや、という感じ。

これならば、ボケるのも悪くない、と思えてきました。

評価は★4つとしておきます。

<追記>
この感じは同じドキュメンタリー『ただいま それぞれの居場所』でも味わった感じですね。



------------------
2014年映画鑑賞記録

新作:2014年度作品:49本
 外国映画33本(うちDVDなど 8本)
 日本映画16本(うちDVDなど 0本)

旧作:2014年以前の作品:104本
 外国映画80本(うち劇場 3本)
 日本映画24本(うち劇場 4本)←カウントアップ
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいですね。実にわかりやすく作られています。気持ちが暗くなるのをおさえて、明るく明るく(それもごく自然に)製作されているので、観ているこちらも救われますね。このすごさはどこからくるのか、それが知りたいです。
ぷ〜太郎
2014/08/18 17:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
『毎日がアルツハイマー』:これならばボケるのも悪くないと感じさせる母娘関係 @アンコール上映・単館系 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる