キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ドラキュラとせむし女』:DVDタイトルは『ドラキュラの屋敷』 @DVD・中古購入

<<   作成日時 : 2014/08/21 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

2つ前の記事の『夜の悪魔』と同じく、過去に中古購入していたDVD「魔人ドラキュラ レガシーBOX」から鑑賞しました。
タイトルは『ドラキュラの屋敷』。
原題は「HOUSE OF DRACULA」だから、まぁ直訳ですね。
ですが、日本公開時のタイトルは『ドラキュラとせむし女』。
いまとなっては、こりゃ差別用語なので、ダメですね。
その上、タイトルの件の女性は、怪物じゃなくて、博士の助手、それも健気な・・・

エーデルマン博士のもとへドラキュラ伯爵が偽名で訪ねてくる。
伯爵は正体を明かし、普通の人間にしてほしいと頼む。
時同じくして、ローレンス・タルボットという男性が博士を訪ねてくる。
彼こそ、満月の夜に変身する狼男であった。
彼も、その呪いを解いてほしいと、博士に頼むのであった・・・

うーむ、なんだかヘンテコリンなハナシ。

調べてみると1944年の『フランケンシュタインの館』の続編らしい。

なので、途中、前作で死んだと思われたフランケンシュタインの怪物が登場します。

エーデルマン博士はドラキュラから輸血を受けて魔性のマッド・ドクターになるわ、タイトルロールのドラキュラは途中で早々とやられちゃうわと、もう出たとこ勝負なハナシ。

『夜の悪魔』でダンディ&セクシーなドラキュラだったロン・チェイニー・Jrが当たり役の狼男ローレンス・タルボットに扮しているのだが、肥って見苦しい中年男性にしか見えない。

ドラキュラ役は、顔が超長いジョン・キャラダイン。
ただの品のいい紳士にしか見えない・・・

評価は★1つ半としておきます。



------------------
2014年映画鑑賞記録

新作:2014年度作品:58本
 外国映画36本(うちDVDなど 8本)
 日本映画22本(うちDVDなど 0本)

旧作:2014年以前の作品:117本
 外国映画91本(うち劇場 8本)←カウントアップ
 日本映画26本(うち劇場 5本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ドラキュラとせむし女』:DVDタイトルは『ドラキュラの屋敷』 @DVD・中古購入 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる