キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『レッド・ライト』:超能力vs.科学の対決ものが終盤一転 @GyaO・無料配信

<<   作成日時 : 2014/09/22 19:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

2013年初めに劇場公開されたサスペンス映画『レッド・ライト』、GyaOで無料配信されていたので鑑賞することにしました。
さて、映画。

マーガレット・マシスン博士(シガーニー・ウィーヴァー)はトム・バックリー博士(キリアン・マーフィ)とともに世のインチキ超常現象を科学の力で暴いている。
というのもふたりにはそれぞれの事情があったからなのだが、彼女がこの仕事に力を入れる契機となった伝説の超能力者サイモン・シルバー(ロバート・デ・ニーロ)が30年ぶりに表舞台へ姿を現すこととなった。
彼の能力の正否を確かめるべくふたりは活動するのだが、同じ大学内には超能力の存在を科学的に確かめる任を負った部門もあった。
サイモン・シルバーの最後の舞台を前に大学で実験を繰り返すが、彼の不正はなかなか見つけられない・・・

と、超能力vs.科学の対決もの。
これが霊vs.科学だったら『ヘルハウス』になるところだけれど、そういう重々しさはなく、自称超能力者のウソを暗い映像で次々と暴いていきます。
ただし、演出が相当荒っぽく、冒頭の数分は何が起こっているのかが判らないぐらい。

中盤、ロバート・デ・ニーロが登場する段になって、幾分落ち着きを取り戻します。
途中、シガーニー・ウィーヴァーが死に、おぉ、若手科学者が大物超能力者のウソをどう暴くのか焦点になるのかと思いきや・・・

えぇぇ、こういう展開か。

ロードショウ時の惹句が「この男を疑い続けろ。」だったが、「この男」は「あの男」のことだったのか。
うまくミスリードされました。

映像自体が暗く、演出が荒っぽいですが、Bムーヴィとしては標準作かしらん。
評価は★3つとしておきます。



------------------
2014年映画鑑賞記録

新作:2014年度作品:65本
 外国映画42本(うちDVDなど 8本)
 日本映画23本(うちDVDなど 0本)

旧作:2014年以前の作品:124本
 外国映画98本(うち劇場 9本)←カウントアップ
 日本映画26本(うち劇場 5本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『レッド・ライト』:超能力vs.科学の対決ものが終盤一転 @GyaO・無料配信 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる