キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『相棒』Season13 元日スペシャル「ストレイシープ」:右京さんの恋愛? @テレビ朝日・オンエア

<<   作成日時 : 2015/01/02 00:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

元日は「キネマのマ」改め「ドラマのマ」です。
毎年たのしみにしているテレビドラマ『相棒』の元日スペシャルを観るものですから。
さて、今回の「ストレイシープ」は・・・

冬の寒さが厳しいころ、杉下右京の知人・西田悟巳(石田ひかり)が自殺をし、右京は彼女の葬儀に参列していた。
右京は葬儀の席で、新井と名乗る男性(平岳大)から悟巳の遺品を手渡される。

一方、都内の公園で男児が誘拐される。
犯人は、男児の産みの母で、投資コンサルティングを営む梶井素子(川上麻衣子)に身代金を要求する。
彼女は夫と別れ、男児は別れた夫が後妻と育てているにもかかわらず。
事件の絵姿は、どこか歪な感じを感じさせる・・・

という筋立て。

複数の事件がからんで、さてどのように展開するのか、なかなかスリリング。

なんだけれども、事件の全貌が明らかになると、むむむむむ。
うーむ、なんだか取ってつけたようなハナシ。
通常版の2つのハナシをくっつけた感じ。

ひとつは大掛かりな組織犯罪。
もうひとつは右京さんに対する女性の恋慕と、それが事件と右京さんに与える影響。

右京さんに恋愛を絡めたところは新機軸だが、右京さんと件の女性との描写が少なく舌足らず。
なので、本来、ぐぐぐと泣かせる(というか重い想いを感じさせる)件の女性の真意を告げる書が持つ意味がちょっと活きてこなかった。
この書によって、今後の右京さんの行動パターンが変わるかもしれない、と感じさせるようなものなんだが・・・

脚本の真野勝成は、Season12の尾美としのりがゲスト出演した『右京さんの友達』のひと。
あれは結構うまかったが、今回は大きい事件のほうでマズった感じ。
件の女性との物語一本に集中してほしかったかなぁ。

次回1月14日は「米沢守、最後の挨拶」。
これも見逃せませんね。

他のレビューはコチラから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『相棒』Season13 元日スペシャル「ストレイシープ」:右京さんの恋愛? @テレビ朝日・オンエア キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる