キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ドン・ジョン』:未熟なイケメンにいちゃんの『グローイング・アップ』 @DVD・レンタル

<<   作成日時 : 2015/04/12 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ロードショウや試写会に珍しく通う最近。
とはいえ、合間をぬってDVDでも鑑賞している毎日であります。
若手俳優ジョセフ・ゴードン=レヴィットが初監督した『ドン・ジョン』も、合間をぬって観た1本。
さて、映画。

ドン・ジョン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は毎夜クラブでナンパをして女性と一夜を共にするイケメン・モテ男。
ある日、クラブで知り合ったバーバラ(スカーレット・ヨハンソン)にゾッコンとなり、交際することなった。
しかし、彼には秘密がありました。
それは、毎日毎日ポルノを観ずにはいられない、ということ。
さてさて・・・

という映画。

自分の夢想に恋していた男が、ホントウの心通わせる恋愛とは何ぞやを知る、まぁ、軽い艶笑コメディといったところ。
それ以上でもそれ以下でもない。

これが高校生のハナシだったら『グローイング・アップ』(古い!)のようなおマヌケ性春コメディで済むところが、30歳近い、いい大人がやるとイタイ、ってことか。
それとも、米国の青年が幼稚化しているということか。

ドン・ジョンがホントウの恋に目覚める相手がジュリアン・ムーアなんだけれど、事故で夫と子供を亡くしたという設定は、ちょっと安易すぎだろうね。

評価は★3つとしておきます。

<追記>
同じ年上女性に恋するハナシならば、ジョン・アーヴィングの小説『未亡人の一年』(映画化『ドア・イン・ザ・フロア』)がいい。
脈絡なく思い出したのだけれど、 ジョン・トラヴォルタが年上のリリー・トムリンと恋仲になる『年上の女』ってどんな出来だったのだろうかしらん。
ソフト化されていなくて、ちょっと気になるなぁ。



------------------
2015年映画鑑賞記録

新作:2015年度作品:21本
 外国映画16本(うちDVDなど 0本)
 日本映画 5本(うちDVDなど 0本)

旧作:2015年以前の作品:48本
 外国映画37本(うち劇場11本)←カウントアップ
 日本映画11本(うち劇場 3本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ドン・ジョン』:未熟なイケメンにいちゃんの『グローイング・アップ』 @DVD・レンタル キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる