キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『リトル・フォレスト 冬・春』:春夏秋冬、そして春 @DVD・レンタル

<<   作成日時 : 2015/08/26 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ことし1月に観た「夏」「秋」篇から7か月、『リトル・フォレスト 冬・春』をDVDで鑑賞しました。
前作のレビューで「おおおっ、ストーリーらしきものはほとんどない」と書きましたが、今回は・・・
やっぱりほとんどない。
しかし、観ちゃうんだよなぁ、と思いつつ・・・
さて、映画。

いち子は、独りで東北の寒村・小森で暮らす若い女性。
この村の出身で、かつては母と二人で暮らしていた。
一時、都会に出て暮らしたこともあったが、逃げるようにして戻ってきた。

秋口に母親から一通の手紙をもらったが、その内容は「らせん」だのなんだのと人生訓めいたことが書いてあるだけで、現在の居場所を知るすべはなかった。
さて、冬が来て、一帯は雪に埋もれてしまう。
食料は保存食がほとんどだ・・・

と、これまた、ストーリーらしきものはほとんどない。

母親から届いた手紙がもとでドラマが起こることもない。

ただ、手紙のなかの「らせん」の言葉・・・
ぐるぐるまわって同じところに戻ってくるような暮らしだけれど、同じところに戻っているのではなくて、少し上の方(もしかしたら下の方)に進んでいる、だから「らせん」というのは印象的。

日々是繰り返しだけれど、同じところには戻らない。
そして、その軌道を少し離れたところから見つめることも、人生では大切。

いま居る寒村・小森で暮らすには、やはり、少し離れたところから、いまいちど見つめ直すことも必要。
と、決心するいち子。

まぁ、これがドラマといえばドラマかな。

スローフード、スローライフを撮った映像は悪くないので、ストレスを感じることの多い毎日ならば、この映画のこの雰囲気は悪くないなぁ、と前作と同じ感想。

評価は★★★(3つ)としておきます。



------------------
2015年映画鑑賞記録

新作:2015年度作品:70本
 外国映画52本(うちDVDなど 8本)
 日本映画18本(うちDVDなど 3本)←カウントアップ

旧作:2015年以前の作品:96本
 外国映画78本(うち劇場15本)
 日本映画18本(うち劇場 5本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『リトル・フォレスト 冬・春』:春夏秋冬、そして春 @DVD・レンタル キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる