キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ピエロがお前を嘲笑う』:見破ろう、騙されないぞは脇において観よう @試写会

<<   作成日時 : 2015/08/07 00:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

画像

「見破れない」「騙された」が謳い文句のドイツ製犯罪ムーヴィ『ピエロがお前を嘲笑う』、ひと足早く試写会で鑑賞しました。
こういう謳い文句だと、ちょっと身構えちゃうんだよなぁ。
さて、映画。

ドイツで大企業や官公庁までITシステムのハッキングを繰り返したグループCLAY(クレイ)のハッカー、ベンヤミン(トム・シリング)が警察にひとり出頭してくる。
仲間をサイバーマフィアに殺されたので身柄を保護してほしい、というのだ。
彼の口から語られるのは、ITシステムをハッキングして「おふざけ」レベルの行為をしていたが、グループは自己顕示欲に勝てず、結果、サイバーマフィアに狙われる羽目になったということ・・・

というハナシ。

なんだか『ユージュアル・サスペクツ』に似たような展開。
あちらは○○が○○だったが、果たして、ベンヤミンは○○なのかしらん、なんて思って観つづける。

しかし、「見破れない」「騙された」という「どんでん返し的謳い文句」が頭にこびりつき、こちらも穿った観方をするので、あまり愉しめない。

どんでん返しが効く映画には二種類あって、
@映画終盤までに登場人物のキャラクターを掘り下げて、ストーリーを面白く魅せる
A独特の雰囲気のある映像で世界を確立させておき、終盤でその世界をひっくり返して見せる
に分類できると思う。

@の代表は『情婦』や『スティング』。
登場人物たちが魅力的なので、どんでん返しが判っていても、何度観ても愉しめる。

Aの代表は『ジェイコブズ・ラダー』や『ファイト・クラブ』。『エンゼル・ハート』もこの範疇かしら。
こちらは2回目以降は、どんなところに映像的なガジェットと伏線が張られているかを確認するのが楽しみになる。

じゃあ、この映画は?

うーむ、どちらともいえないんだよな。
しいて言えば、@。
つまり、基本的には、普通の犯罪ムーヴィ。
ただし、終盤、二転三転するので、「そのことを知らずに観たら」意外に面白かった、という類。

@に分類するけれど、ハッカーグループCLAYの面々のキャラクターがつまらないし、やっていることも下らないので、彼らに感情移入できないのが致命的。
彼らは、全員負け犬だし、ハッキング行為も「おふざけ」レベル。

『スタンド・バイ・ミー』の4人の少年が大きくなって、善人面した大企業や官公庁の化けの皮を剥いでいたら、サイバーマフィアに命を狙われる羽目になった、ぐらいじゃないと。

とはいえ、先ほど書いたとおり、「終盤の二転三転を知らずに観たら」予想以上に面白いはず。
なので、「見破ろう」とか「騙されないぞ」という肩ひじは張らずに観た方が楽しめます。

評価は★★★(3つ)としておきます。

<追記>
ヒロインのマリ役ハンナー・ヘルツシュプルンクは『4分間のピアニスト』のひと。
なんだか、かなりオバサンくさくなってしまったなぁ。
タイトルの『ピエロがお前を嘲笑う』は、ハッカーグループCLAYの由来(Clowns Laugh at You の頭文字)を訳したもの。



------------------
2015年映画鑑賞記録

新作:2015年度作品:59本
 外国映画47本(うちDVDなど 7本)←カウントアップ
 日本映画12本(うちDVDなど 0本)

旧作:2015年以前の作品:89本
 外国映画74本(うち劇場15本)
 日本映画15本(うち劇場 4本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ピエロがお前を嘲笑う」
映画宣伝の文句そのままに、私には満足できる作品だった。そこここ粗もあるし、どうかすると「騙す」というよりも「騙そうと思って頑張っている」感が見え隠れする部分はあるものの、それも漲る若い力故、と言うべきなのだろう。ドイツ作品。監督はバラン・ボー・オダー。米バラエティ誌によると、「世界で注目するべき監督10人」の一人である。「ピエロがお前を嘲笑う」とは、「CLAY」ー主人公のベンヤミン(トム・シリング)が属するある集団につけた名前である。その集団とは、一言で言えば「ハッカー」。幼い頃両親を亡くし、祖... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2015/10/16 13:34
裏の裏をかいて、
3日のことですが、映画「ピエロがお前を嘲笑う」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2015/10/21 18:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
映画の宣伝文句は知っていましたが、「騙されるかどうか!?」にそれほど重点を置いていなかったので、結構楽しめました。
でもでも確かに…!ハンナー・ヘルツシュプルンクは女子大生とは思えないババ臭さだった!
ここなつ
2015/10/16 13:32
ここなつさん、コメント&TBありがとうございました。
愉しまれてなによりです。

>ハンナー・ヘルツシュプルンクは女子大生とは思えないババ臭さだった!

これがこの映画でいちばんビックリしたことでした。
りゃんひさ
2015/10/18 09:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ピエロがお前を嘲笑う』:見破ろう、騙されないぞは脇において観よう @試写会 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる