キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『おしゃれ泥棒2』:ヘップバーン主演ですが、ワイラー監督作品とは無関係です @VHS

<<   作成日時 : 2015/09/15 22:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

先日フレッド・ジンネマン監督の『尼僧物語』を観たのに引き続き、またもやオードリー・ヘップバーン主演作品です。
映画は『おしゃれ泥棒2』。
ウィリアム・ワイラー監督、ピーター・オトゥール共演作品ではなく、1986製作のテレビムーヴィです。
われながら、こんな作品を見つけて買っているなぁとも思うのですが、ふらりと立ち寄る中古店で安価で見つけると、衝動的に買っちゃうんですよね。
さて、映画。

キャロライン(オードリー・ヘップバーン)は著名なピアニストで男爵夫人。
ただし、男爵夫人といっても夫とは死別し、いまは独り身で年若い婚約者がいる。
その婚約者が誘拐され、キャロラインに要求されたのはロシアの秘宝(なんとかというダイヤモンドなどをあしらった宝飾卵)。
彼女はその秘宝を盗み出し、犯人の要求に従って、メキシコの田舎町に赴くのだが・・・

というハナシ。

メキシコ行きの飛行機の途中で謎の中年男性(ロバート・ワグナー)と知りあって、さらにトレンチコートの謎の男(ジェリー・オーバック)も加わってのユーモアサスペンス。

はじまって20分ぐらいは何が何だかわからないぐらいのお粗末な脚本と演出で、こりゃヒドイ作品だとおもっていたけれど、ロバート・ワグナーが加わっての珍道中はそこそこハナシも演出も持ち直します。
事件のカラクリは、いたって馬鹿らしく、あまりヒネリもないのだけれど、ロバート・ワグナーとジェリー・オーバックのふたりが可笑しいのと、その正体の意外性もあって、そこそこ楽しめました。

もうすぐ60歳に届きそうなオードリー・ヘップバーンは、さすがに容色の衰えは隠せず、もう10歳ぐらい若くないと、この手の映画の主役をするのは厳しい感じ。
とはいえ、ジバンシーを身に纏った彼女は、さすがにエレガントですけど。

評価は★★☆(2つ半)としておきます。

■VHSジャケット写真(2015.09.24追記)■
DVDのジャケットよりもロマンチックコメディっぽいですね。
画像



------------------
2015年映画鑑賞記録

新作:2015年度作品:79本
 外国映画59本(うちDVDなど11本)
 日本映画20本(うちDVDなど 4本)

旧作:2015年以前の作品:104本
 外国映画85本(うち劇場15本)←カウントアップ
 日本映画19本(うち劇場 5本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『おしゃれ泥棒2』:ヘップバーン主演ですが、ワイラー監督作品とは無関係です @VHS キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる