キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ダイバージェント』:とりあえず続編を期待、の長い長いイントロ @DVD・レンタル

<<   作成日時 : 2015/09/21 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

もうすぐ続編が公開されるということなので、DVDでレンタルした近未来SF『ダイバージェント』。
最終戦戦争を潜り抜けた人類は、人々を「勇敢」「高潔」「平和」「無欲」「博学」の5つにカテゴライズして、秩序を保とうとしていた・・・というハナシは、ちょっと興味が惹かれました。
さて、映画。

その世界では、ひとは成人する際にテストを受け、5つのカテゴリのいずれかに属することを宣言する。
しかし、テストの際にいずれのカテゴリにも属さない(またはすべてのカテゴリの資質を有する)多様な人間(ダイバージェント)が存在することがわかっていた。
「無欲」に属する両親の娘ベアトリス(シェイリーン・ウッドリー)もそのひとりであった・・・

というハナシ。

まぁ、なんと古臭い管理社会映画だこと。
この手の映画は70年代にかなり作られたが、そのほとんどは、もっと荒廃した未来だった。
この映画では、生活そのものは荒廃していないが、その精神性はかなりヒドい。
先に挙げた5つに分類され、そこからふるい落とされる人間もいるという。

というか、そもそもこんな5分類で社会が成り立っているというのは、いかがなものか。
というぐらい、設定がお粗末。

なので、関心はどこにも属さないダイバージェントという存在、ということになるのだけど、どうもこの映画では、そこんところがあやしい。
「無欲」の両親から警察・軍隊に相当する「勇敢」を志す娘と、知識階級を志す「博学」の息子がいるのだが、映画は肉体勝負の娘の方ばかりを描いていく。

とにかくマッチョでなければいけないのだ。
うーむ、なんだろうか、この設定。
そのマッチョ世界を、どう見ても運動不得手のベアトリスが切り抜けていく過程に1時間以上の尺が割かれ、かなりウンザリ。
世界を掌握しようとする「博学」を志した息子の方が気になって仕方がなかった。

アクションも映像もかなり安手のプロダクションで、ホントに続編がつくられるのかしら、と疑ってしまうほど。

今回は、イントロ(それにしては130分と長尺)と割り切って、続編に期待することにします。

評価は★★(2つ)としておきます。




------------------
2015年映画鑑賞記録

新作:2015年度作品:80本
 外国映画59本(うちDVDなど11本)
 日本映画21本(うちDVDなど 4本)

旧作:2015年以前の作品:107本
 外国映画88本(うち劇場15本)←カウントアップ
 日本映画19本(うち劇場 5本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ダイバージェント』:とりあえず続編を期待、の長い長いイントロ @DVD・レンタル キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる