キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ヒトラー暗殺、13分の誤算』:ヒトラー政治を許さない男のハナシ @ロードショウ・単館系

<<   作成日時 : 2015/11/13 00:14   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

1939年11月のヒトラー暗殺未遂事件を中心に、第二次世界大戦に突き進むナチスドイツの姿を描いた『ヒトラー暗殺、13分の誤算』、ロードショウで鑑賞しました。
映画のポスター中央にある謳い文句は「あの時、目を開けていたのは、僕だけだった。
なんとも、憂いを含んだものではありますまいか。
我が国の情況も鑑みると、この映画の公開はタイムリーといっていいでしょうね。
劇場内の観客の年齢層は少々高めなれど、平日にしてはかなりの入りと感じました。
さて、映画。

1939年11月8日、ドイツ・ミュンヘン。
毎年恒例のヒトラーの演説が行われていたが、ヒトラー退席後にその演説会場で爆破が起こった。
実行犯として捕えられたのは家具職人のゲオルク・エルザー(クリスティアン・フリーデル)。
過酷で執拗な尋問の結果、単独犯行と彼の口から告白がされるが、上層部は大掛かりな組織がいると信じて疑わない・・・

というハナシ。

映画は、捕えられたゲオルクの尋問シーンと、彼の過去のエピソードが交互が描かれる。

映画の見どころは、その過去のシーン。

左派寄りであるが共産党員ではなく、音楽家として(それなりの)自由を謳歌していたゲオルクの生活から、ナチスが台頭してくることによって、束縛され自由が失われていく。
ゲオルクにはエルザ(カタリーナ・シュットラー)という恋人はいるが、彼女は人妻。
いわば、人間的には立派なひとというには、かなり遠い。
そんな彼だからなのか、時代の悪化を敏感に察する。

殖産興業の名のもとに国家的に事業を推し進めているが、それは軍需産業。
一部の人間には景気は良くなったが、多くの民が良くなったわけではない。
また、ユダヤ人を迫害することで、ナショナリズムを高め、他人の自由を認めない風潮が蔓延している。

嗚呼、遣り切れない、ここままではどんどん悪くなっていく。
ナチスドイツは9月にポーランドに侵攻し、ポーランドの同盟国のイギリスとフランスがドイツに宣戦布告してきた。
まだドイツは勝ち続けているが、戦争で得たものが幸せであるはずはなく、この先、どんどんと自由が失われていく、それが1939年11月。

「ヒトラー政治を許さない」

それが根底にあってのエルザーの決断だった。

この暗殺が失敗に終わって、その後のドイツがどうなったのか、そしてエルザーがどうなったのかは簡潔に描かれていて、それはやはり遣り切れないものだ。

ゲオルク・エルザー演じるクリスティアン・フリーデルが、英雄然としておらず、平凡な男なところがこの映画に深みを与えている。
エルザ役のカタリーナ・シュットラーは、麻生久美子似でなかなかいい雰囲気を持った女優さんでした。

評価は★★★★(4つ)としておきます。



------------------
2015年映画鑑賞記録

新作:2015年度作品:108本
 外国映画77本(うちDVDなど17本)←カウントアップ
 日本映画31本(うちDVDなど 5本)

旧作:2015年以前の作品:117本
 外国映画94本(うち劇場17本)
 日本映画23本(うち劇場 8本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ヒトラー暗殺、13分の誤算』:ヒトラー政治を許さない男のハナシ @ロードショウ・単館系 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる