キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『殺人者はライフルを持っている!』:無差別銃撃事件の恐怖・恐怖・恐怖 @DVD

<<   作成日時 : 2015/11/18 11:09   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

まもなく久方ぶりの新作『マイ・ファニー・レディ』の公開が控えているピーター・ボグダノヴィッチ監督の初監督作品『殺人者はライフルを持っている!』、DVDで鑑賞しました。
20年ほど前にテレビで放映されているのを観たことがあるけれど、2年ほど前にDVDが廉価で売られているのを発見して、購入したもの。
そういえば、クリント・イーストウッド監督作品『アメリカン・スナイパー』評で、翻訳家・映画評論家の芝山幹郎がこの映画を引き合いに出していたように記憶しています。
さて、映画。

怪奇映画専門の老俳優バイロン・オーロック(ボリス・カーロフ)は、青年監督サミー・マイケルズ(ピーター・ボグダノヴィッチ)の新作『古城の亡霊』を最後に引退を考えている。
件の映画の試写の際に、関係者にそう告げると、サミーは悔しがる。
バイロンを主役にした一般映画を企画し、彼に脚本を送っていたからだ。

一方、テキサスの街に暮らすボビー・トンプソン(ティム・オケリー)。
両親と妻との平凡な四人暮らしで、ボビーと父はハンティングが趣味。
銃を握るボビーは、いつしか人を撃ってみたいと思うようになっていた・・・

というハナシ。

このふたつの物語がクライマックスで交叉していく。

ボビーは、母と妻、それに配達人を銃で殺害した後、近くのハイウェイ脇の給水塔に登り、自動車で走る運転手や乗員を無差別に射殺していく。
警察の追っ手を逃れるために逃げ込んだ先がドライブインシアター。
そこでは、バイロン主演の『古城の亡霊』の初日であり、最後の舞台挨拶のためにバイロンが向かうのであった・・・

この映画、前半まではそれほど面白い出来ではない(かといって、つまらないわけではないが)。
映画が緊張感を持って動き出すのは、ボビーが家族を惨殺してから。
理由のない殺人衝動、音もなくどこかから飛んでくる銃弾。
照準器の中で倒れるひとたち。
この恐ろしさは、ただ事ではない。
ラズロ・コヴァックスの撮影も冴えている。

クライマックスのドライブインシアターでの乱射も恐ろしい。
照明を排して撮った画面は、いくぶん光量不足のショットもあるが、それがかえって恐ろしさを倍増している。

大団円のバイロンとボビーの対決はあっけないのだが、スクリーンに映る『古城の亡霊』のバイロンとのカットバックで緊張感を盛り上げており、ピーター・ボグダノヴィッチの映画の上手さが感じられます。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

<追記>
この映画は、ロジャー・コーマンがピーター・ボグダノヴィッチに以下の条件を満たせるなら監督をしてもよい、といって製作されたもの。
1.ボリス・カーロフの撮影契約が2日残っているので、それで20分のシーンを撮ること
2.『古城の亡霊』のシーンを20分使うこと
3.全体で80分以上の映画とすること

1と2を満たせば、ボリス・カーロフが出演しているシーンは40分以上あり、映画の半分に彼が出ていることになるから、というロジャー・コーマンの商魂だったようだ。
出来た映画は、コーマンの配給会社AIPではなく、パラマウントが配給したが、これはボグダノヴィッチがパラマウントのロバート・エヴァンスに売りこんだもの。
ただし、映画は、キング牧師の暗殺などの暗い世相もあり、興行的には惨敗した。
(以上は、併録されているボグダノヴィッチのインタヴューから)



------------------
2015年映画鑑賞記録

新作:2015年度作品:109本
 外国映画78本(うちDVDなど17本)
 日本映画31本(うちDVDなど 5本)

旧作:2015年以前の作品:118本
 外国映画95本(うち劇場17本)←カウントアップ
 日本映画23本(うち劇場 8本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『殺人者はライフルを持っている!』:無差別銃撃事件の恐怖・恐怖・恐怖 @DVD キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる