キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『黄金のアデーレ/名画の帰還』:真摯な歴史観を持つことを問いかける映画 @試写会

<<   作成日時 : 2015/11/26 00:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

ヘレン・ミレン主演の『黄金のアデーレ/名画の帰還』、試写会で鑑賞しました。
ナチスに奪われた名画を取り戻す話は、先ごろオールスターキャストの娯楽作『ミケランジェロ・プロジェクト』が公開されましたが、そちらは未見。
本映画で取り戻すのは、クリムトの名画「黄金のアデーレ」。
さて、映画。

御年82歳になる米国在住のユダヤ人女性マリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)。
彼女の姉ルイーゼが亡くなり、遺品の整理をしているうちに、姉がオーストリア政府に絵画の返還を求めていたことを知った。
絵画はクリムトの名画「黄金のアデーレ」他、計5点。
アデーレはふたりの伯母にあたる人物。
それらの絵画は、オーストリアに侵攻してきたナチス・ドイツが強制接収してウィーンの美術館に飾ったもの。
マリアは、友人の息子で駆け出し弁護士のランディ・シェーンベルク(ライアン・レイノルズ)に、絵画を取り戻すよう依頼する・・・

というハナシ。

オーストリア政府が所有権を主張する絵画をどのような手段で取り戻したかということに興味津々だったので、映画を観る前は、丁々発止の法廷ものかしらん、と想像していたけれど、そんなことはなかった。
たしかに、どのように取り戻したかはわかるけれど、映画はそこのところを強調したいわけではなかった。

では、どのようなところを描きたかったのか。

絵画を取り戻そうとする現在と、マリアが夫とともにオーストリアを脱出しなければならなかった過去とを交互に描くことで、ナチスによって暗い時代を迎えた当時を強く印象付けるとともに、当時の非道・不法行為を現在、どのように捉えて、どのように償うか、というを考えさせることがこの映画の眼目といえよう。

簡潔にいえば「歴史どのように観るか」、真摯な歴史観を持つことを問いかける映画といえるでしょう。

マリアとは、初めは、是が非でも「黄金のアデーレ」の実物を手元に置きたいとは思っていなかった、過去の非道・不法行為に加担したオーストリア政府がそのことを認めることがいちばん重要だった、というように描かれている。
それが、オーストリア政府及び美術館が、絵画の価値その他から、絶対に手放したくないがゆえに、過去の過ちを認めず、どんどんと事態がこじれていった印象を受ける。

そう、これは一絵画の物語ではないということ。

マリリン 7日間の恋』のサイモン・カーティス監督の演出は巧みで飽きさせないし、出演陣は渋いところばかりだけれど映画通なら「おお、このひとが!」と思うような布陣。
列挙すると・・・
ウィーンでマリアらに協力する記者にダニエル・ブリュール
ランディの妻はケイティ・ホームズ、ランディの上司にチャールズ・ダンス、ランディの母親にフランセス・フィッシャー
米国の判事にエリザベス・マクガヴァン、ジョナサン・プライス

この顔ぶれを観るだけでも、少々嬉しくなりました。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

<追記>
『普通の人々』『ラグタイム』のエリザベス・マクガヴァンはホントウに久しぶりに観たような気がします。
現在は、サイモン・カーティス監督夫人だそうな。



------------------
2015年映画鑑賞記録

新作:2015年度作品:114本
 外国映画83本(うちDVDなど17本)←カウントアップ
 日本映画31本(うちDVDなど 5本)

旧作:2015年以前の作品:118本
 外国映画95本(うち劇場18本)
 日本映画23本(うち劇場 8本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに。私も裁判劇を期待していたのですが、そうしなかったのは正解でしたね。主人公が取り戻したかったのは、あの当時の(両親や夫、親族との)生活そのもの。あまりに酷い断ち切り方をされたので心の中に封印してきた想いが再び主人公の心に満ちて、過去の人々と交わりながら、アデーレの絵の所に行きつく場面は秀逸でした。
ぷ〜太郎
2015/11/29 15:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
『黄金のアデーレ/名画の帰還』:真摯な歴史観を持つことを問いかける映画 @試写会 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる