キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『エイプリルフールズ』:よし、こんどはハロウィーンってのはどうかしらん @DVD・レンタル

<<   作成日時 : 2015/12/31 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

『ALWAYS 三丁目の夕日』3部作や『寄生獣』の脚本家・古沢良太が脚本を書いた『エイプリルフールズ』、DVDで鑑賞しました。
「嘘から出た真」というか、謳い文句では「7つの嘘が奇跡を起こす・・・愛と感動と爆笑の嘘つきエンタテインメント!」となっています。
特定の日に、たくさんのひとが出てきて、それぞれのエピソードが絡み合って、というのは米国映画では『バレンタイン・デイ』『ニューイヤーズ・イブ』などが記憶に新しい。
さて、映画。

ここでいつものレビューならストーリーを説明するところだけれど、今回は割愛。
だって、ハナシがややこしいんだもの。
上手く説明できません。

ですが、脚本はどれもこれもジグソーパズルのピースのようにピタリとあてはめていきます。
よくもまぁこんなにあてはめたものだと思うくらい。

これで演出が良ければ申し分がないのだけれど、過剰すぎる演出が無粋なので、気楽に観ている分にはいいのだけれど、観ていて気分が良くなるというところまではいきませんでした。

評価は★★★(3つ)としておきます。

<追記>
よし、今度は10月末日の仮装のバカ騒ぎを題材に『ハロウィーン』っていうのは、どうだ!
でも、これだとブギーマンが出てきて、みんなを次から次へと殺しちゃいそうだなぁ。



------------------
2015年映画鑑賞記録

新作:2015年度作品:132本
 外国映画94本(うちDVDなど20本)
 日本映画38本(うちDVDなど 7本)←カウントアップ

旧作:2015年以前の作品:130本
 外国映画105本(うち劇場18本)
 日本映画 25本(うち劇場 9本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
古沢良太の脚本ということで鑑賞。うまく最後にピタッとあてはまる。見事です。でもおっしゃる通り演出がうるさいのが難点です。
ぷ〜太郎
2016/03/23 16:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
『エイプリルフールズ』:よし、こんどはハロウィーンってのはどうかしらん @DVD・レンタル キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる