キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ブラック・スキャンダル』:ミイラ取りがミイラになるんだけれど・・・ @試写会

<<   作成日時 : 2016/01/23 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

南ボストンを牛耳るアイルランド系ギャングのボスとFBI捜査官の永年の癒着を描いた実録映画『ブラック・スキャンダル』、ひと足早く試写会で鑑賞しました。
ご贔屓ベネディクト・カンバーバッチが主演陣に名を連ねていたので、期待大。
通常だと、この手の男のドラマは敬遠なんだけれど・・・
さて、映画。

1975年の米国・南ボストン。
街はイタリア系マフィアが牛耳り、アイルランド系ギャングと抗争を繰り広げていた。
FBI捜査官のジョン・コノリー(ジョエル・エドガートン)は、現上院議員のビリー・バルジャー(ベネディクト・カンバーバッチ)と幼馴染で、彼の兄のジミー(ジョニー・デップ)にかつて助けられた経験を持つ。
ジョンにとってジミーは、同じアイルランド系であり、かつての恩義も感じており、さらに幼い頃から憧れの存在でもあった。
ジョンは、いまでは南ボストンで一家を率いてイタリア・マフィアと抗争しているジミーを通じてイタリア・マフィアの内情を探ろうと、ジョンに近づいていく・・・

というハナシ。
こちとらの興味の焦点は、FBI捜査官のジョンがいかにして「ミイラ取りがミイラになったか」にあるのだけれど、映画はFBIを通じて成り上がっていく冷酷非道なジミー側を描いていく。
うーむ、たしかにジョニー・デップは怪演なのだが、人間的には底の浅いギャングのハナシを見せられても面白くない。

ジョンが二進も三進もいかなくなるのは映画も4分の3を過ぎたあたりから。
さらには、ベネディクト・カンバーバッチもあまり見せ場がなく、ただただジョニー・デップの怪演が続く。

ということで、異様な迫力はあるけれど、やっぱり敬遠しておくんだったかしらん。

エンド・クレジット・タイトルのデザインは『セブン』のカイル・クーパー。
個人的には、ジミー・バルジャーなどの本人映像を交えたタイトルデザインがいちばん見応えがあったかな。

評価は★★★(3つ)としておきます。


------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:8本
 外国映画 7本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画 1本(うちDVDなど 0本)

旧作:2016年以前の作品:7本
 外国映画 7本(うち劇場 3本)
 日本映画 0本(うち劇場 0本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜ん、悪玉でも善玉でも、深みのない人間の話はつまらんな。ジョニー・デップのハゲ頭ばかり見せられてもなぁ。
おすもうさん
2016/03/19 17:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ブラック・スキャンダル』:ミイラ取りがミイラになるんだけれど・・・ @試写会 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる