キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『禁じられた歌声』:武装集団は村を静かに支配弾圧蹂躙していく @ロードショウ・単館系

<<   作成日時 : 2016/01/12 08:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ひつじ村の兄弟』に引き続いて、お隣のスクリーンで鑑賞したのがこれ、『禁じられた歌声』。
西アフリカ・マリ共和国の古都ティンブクトゥ近郊の村を舞台に、イスラム系武装集団が穏やかなイスラム教の村を、静かに支配・弾圧・蹂躙していくさまを描いた映画です。
さて、映画。

舞台であるイスラム教の村は砂漠の中に、ぽつねんと存在している。
ひとびとの暮らしは穏やかで、ときに神を讃える歌を歌い、こどもたちはサッカーに興じたりもしている。
しかし、イスラム系武装集団が村を支配してからは、その暮らしぶりは変貌した。
外出する女性たちには髪のみならず、手や足首まで覆えと命令し、それは魚売りの娘にまで及んだりする。
神を讃える歌であっても歌うことは禁じられ、冒した者は地中に埋められて、礫を投げられ罰を与えられたりする。
さらに、武装集団の若い男は、夜陰に乗じて娘を犯すが、集団の長はイスラムの教えに則った正式な結婚だと主張する・・・

というハナシ。

巻頭と巻末に、村の導師が、武装集団の長に対して、集団の支配のやり方がコーランの教えに則っているのかを詰問するシーンがあり、なかなか興味深い。
彼ら武装集団のやり方は、コーランの教えを都合よく曲解して、ひとびとを弾圧しているということだ。
導師の話す言葉の端々から、コーランの教えは、もっと優しく、価値観の異なる隣人を理化して、相手のために行為をなせ、といっていることがわかる。
ならばキリスト教と、さほど変わらない。

さて、映画はというと、先に挙げたそれぞれのエピソードが並行して描かれており、どちらかというと散文的な印象を受けました。
現実を見つめるという姿勢、弾圧・蹂躙が静かにひたひたと迫ってくるというのは評価できるが、村の導師なり、ひとりの少女なり(ポスターに描かれた少女)なりの一環した視点があると、もっと集中できたかもしれません。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:2本
 外国映画 2本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画 0本(うちDVDなど 0本)

旧作:2016年以前の作品:2本
 外国映画 2本(うち劇場 2本)
 日本映画 0本(うち劇場 0本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『禁じられた歌声』:武装集団は村を静かに支配弾圧蹂躙していく @ロードショウ・単館系 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる