キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ザ・ブリザード』:救う側も救われる側も命懸け @試写会

<<   作成日時 : 2016/02/18 17:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 1

画像

クリス・パイン主演の海難救助映画『ザ・ブリザード』、試写会で鑑賞しました。
邦題では、なんだか荒れ狂う嵐に戸惑うひとびとを描いただけの映画のような感じだけれど、これは本格的な海難救助映画。
1970年代には、災害に直面したひとびとのサバイバル映画が数多く登場しましたが、救う側と救われる側を同じぐらいの比重で描いたのは『タワーリング・インフェルノ』ぐらいしか思いつかない。
まぁ、それほど、このジャンルの数を観ているわけではないけれど。
さて、映画。

1952年アメリカ。
未明から強烈猛烈な嵐が吹き荒れ、海上にいる2艘のタンカーが真っ二つに折れてしまうという事態が発生した。
一方のタンカーからは救難信号が出ており、周辺の救助艇はそちらに向かう。
残る一方のペンドルトン号は、機関室のある後方側が運よく助かり、沈没を免れた。
乗務員は40名ほど。
一等機関士シーバート(ケイシー・アフレック)の指揮のもと懸命に沈没を回避しようとする。
近隣の沿岸警備隊のうち、彼らの救出に向かったのは、バーニー(クリス・パイン)率いる4名の小型艇だけだった。
バーニーは1年前に同じような海難救助の際、運悪く、乗務員たちを救出できない過去があった・・・

というハナシ。

実話に基づく映画化だそうだ。
それにしても、大型タンカー2艘が時同じくして真っ二つとは、なんとも異常なことだ。
それぐらい、嵐が凄まじい。

映画前半は、被災したペンドルトン号の必至の活動が中心。
これまで、どことなく陰があったり訳ありな役た多かったケイシー・アフレックが、責任感の強い機関士を演じており、新たな面を披露した。
操作不能になった舵を人力で操ろうとするあたり、実話といえ、恐れ入る。

後半は、若干4名の小型艇で救助に向かうシーバートの活躍が中心。
過去の失敗を画で見せない演出が、ここでは功を奏す。
彼がどれだけ悔やんでいたか、その深さを描かないことで、より深く感じることができる。

また、シーバートの婚約者ミリアムの存在も見逃せない。
彼女の過去もまた語られることはないのだけれど、海の恐ろしさを十分知り尽くしており、婚約者を守りたい、無茶をさせたくないという思いも充分伝わってくる。

クライマックス、定員わずかな小型艇で40名近い乗務員を助けられるのか、というあたりは意外とあっさり描かれているが、かなりの幸運に恵まれたことは台詞の端々から感じられる。

エンドクレジットで、実際のひとびとの写真が出演者と並んで写し出されるが、みなよく似ている。
実際のシーバート氏も、クリス・パイン同様に眉毛が太いあたりは、ちょっと苦笑いさせられたが。

『タワーリング・インフェルノ』『ポセイドン・アドベンチャー』と比べると、キャストはやや弱いが、内容的には遜色がないかもしれない。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:13本
 外国映画10本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画 4本(うちDVDなど 1本)

旧作:2016年以前の作品:11本
 外国映画11本(うち劇場 3本)
 日本映画 0本(うち劇場 0本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ザ・ブリザード」
今年は初っ端からYear of the Commonwealth of Massachusettsだ。「ブラック・スキャンダル」「白鯨との闘い」に続いてこの「ブリザード」である。この三作だけから言うと、私の中でのマサチューセッツのイメージは、ギャングが跋扈して海に出たら遭難する怖い都市。なんのこっちゃ、である。文教都市ボストンのイメージは何処へ?「ザ・ブリザード」の展開をネタバレ全開で言うとこういうことになる。真冬の嵐(ブリザード)の日に沖に出ていたタンカーが船体が真っ二つに割れて、片方は沈没、... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/02/29 20:23
ザ・ブリザード
1952年、アメリカ。 冬の大西洋でブリザード(暴風雪)が発生し大型タンカーが遭難。 一等機関士シーバートら船員たちは、救助が来るまで何とか時間を稼ごうと、懸命の作業を続けていた。 若き沿岸警備隊隊員バーニーと3人の仲間たちは、木製の小型救助艇で救助に向かうが、途中には波が暴れ狂う最大の難所チャタム・バー(砂洲)が待ち受けていた…。 実話から生まれたサバイバル・アクション。 ...続きを見る
象のロケット
2016/03/02 15:40
映画:ザ・ブリザード The Finest Hours ド迫力巨大ウェーブ 及び タンカー真っ二つ、...
まず驚きは、発生する事故が =「タンカー真っ二つ! 」ということ。 そんなこと、ありうるのか!?! ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2016/03/05 23:50
ザ・ブリザード
ノンフィクション小説「SSペンドルトン号の救出劇」を原作に創り上げた作品です。 予告編で映し出された嵐の海の迫力が凄くて、とても気になっていました。 無謀とも言える救出劇の大変さと冬の嵐の強烈さに圧倒されるような作品でした。 ...続きを見る
とりあえず、コメントです
2016/03/06 14:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
クリス・パインって、眉毛が太いだけで、少しも頼りになる人や頭脳明晰な人とは見えないんだな。でもキャプテンみたいな役多いんだな。不思議じゃ〜。
かばくん
2016/03/17 01:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ザ・ブリザード』:救う側も救われる側も命懸け @試写会 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる