キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『人生は小説よりも奇なり』:普通の人々の切ない愛 @ロードショウ・シネコン

<<   作成日時 : 2016/03/17 17:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

ジョン・リスゴー、アルフレッド・モリナ主演の『人生は小説よりも奇なり』、ロードショウで鑑賞しました。
39年連れ添った同性愛のカップルが結婚式を挙げた途端に、世間の逆風にさらされる・・・
タイトルや予告編から、なんだか可笑しくて笑える類の映画かしらん、と思って出かけました。
さて、映画。

カップルのひとりは画家のベン(ジョン・リスゴー)、彼は年金生活者。
もうひとりはジョージ(アルフレッド・モリナ)、彼はカトリック教会で音楽を教えている。
しかし、同性婚を理由にその職を馘になってしまう。

生活に困り、いま住んでいる部屋を売って、安い部屋に引っ越そうという計画。
その間は、ベンは甥夫婦の部屋に、ジョージは同性愛仲間の部屋に厄介になることにしたが、部屋を売った金額は1万ドルと少し。
二進も三進もいかなくなってしまう・・・

というハナシ。

当初期待していたような笑える話ではない。
笑える話でないことは、映画が始まってすぐわかる。

ショパンの調べが全編を彩り、ジョン・リスゴー、アルフレッド・モリナの瞳には相手に対する慈愛と深い哀しみが窺い知れる。
ただ愛しいひとと一緒に居たいだけなのに・・・

原題は「LOVE IS STRANGE」。
愛は奇妙なものかもしれないが、ふたりは奇妙でもなんでもない。
ただただ普通のひとびとなのだ。

最後もどちらかといえば、そっけない。
心臓に病を抱えていたベンが、あっけなく逝ってしまうのだ。
それも、ふたりで暮らせる安い部屋が見つかったにもかかわらず。

そんなそっけない終りが、この映画を心に残るものにしているかもしれない。

ただただ普通のひとたちなのだから、人生の終りなんてこんなものかもしれない。
あっけなく逝ってしまったベンだけれど、ジョージやベンの甥の息子には大切なものを感じさせ続けている。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:21本
 外国映画15本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画 6本(うちDVDなど 1本)

旧作:2016年以前の作品:16本
 外国映画14本(うち劇場 3本)
 日本映画 2本(うち劇場 0本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
私も観る前はちょっとしたコメディかと思っていました。「結婚」したら離れ離れに、やっと一緒に住めると思ったら死別と、世の中ままならない。こんなことなら「結婚」しなければ何の苦労もなかったのに・・。でも当人達は「結婚」したかったのだし、別居生活によって触れ合った人々には「愛」というものの大切さを無意識のうちに教えていたのだから意味があったというべきだろう。でも切ないですよね。なにげない街の風景のカットが、二人の愛と哀しみを漂わせ余韻を深くしていました。
ぷ〜太郎
2016/03/21 18:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
『人生は小説よりも奇なり』:普通の人々の切ない愛 @ロードショウ・シネコン キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる