キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『スポットライト 世紀のスクープ』:驚愕の事実以上のハラハラドキドキ感 @ロードショウ・シネコン

<<   作成日時 : 2016/04/21 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

今年の米国アカデミー賞作品賞&脚本賞を受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』、ロードショウで鑑賞しました。
いやぁ面白かった。
面白かったというと語弊があるかもしれないけれど、観ている最中、ハラハラドキドキの連続でした。
内容は「ボストンの新聞社のチームが、カトリック教会内部で起こっている小児に対する性的虐待を暴く」というもの。
この手のサスペンスものだと・・・

(1)何が起こっているのか、わからない
(2)よって、起こっている内容を調べ
(3)とんでもない事実が明らかになる、
といった文脈になることが多く、(2)の過程でハラハラドキドキさせるのが、常套手段。

けれども、この映画では、
(a)事実に基づいており、
(b)その事実は、米国では広く知られている
ということから、そういう常套手段でハラハラドキドキさせるわけではない。

何が起こっているかは、映画が始まってすぐにわかる。
カトリック神父たちが小児に対して性的虐待をしていて、それを隠蔽しているということ、である。

その規模や、隠蔽の仕組みなどははじめあからさまではないけれど、中盤ぐらいで明らかになる。
にもかかわらず、ハラハラドキドキする。
「にもかかわらず」ではなく、「それも、さらにハラハラドキドキする」のである。

このハラハラドキドキの理由は3つあり、それが脚本で巧みに表現されている。

1つ目は、虐待を受けた被害者たちのその後、について。

ひとりの被害者の証言ではなく、複数の被害者たちが登場し、かれらひとりひとりに異なる大きな傷跡を残していることが、過剰にならずに語られていく。
なかでも衝撃的なのは、加害者のひとりであった老神父が登場して告白するシーン。
彼もまた、被害者のひとりであった、というあたりに、連綿と続いてきた根の深さが感じられ、空恐ろしい。

2つ目は、性的虐待と隠蔽を公表するにあたって、公的な物証を得ようとする記者たちが奔走すること。

公的な物証にこだわるところが「ジャーナリズム魂の現われ」といってもいい。
ともすれば、被害者側の証言だけで記事を書いてしまいそうになるが、それではねつ造と謗(そし)られかねない。
被害者側と加害者側で合致する証言や、公的な物証があってこそ、ジャーナリストとしての中立と公正さが示されるというものだ。
そして、ここで用いられる公的な物証は、封印された「過去の裁判資料」で、その開示方法が「合法的」である。
合法的であり、またトリッキーというあたりが、脚本の巧みさでもある。

さいごに3つ目は、今回暴かれる事実が既に件の新聞社に送られていた、ということ。
10年以上前に証拠は揃っているにもかかわらず、報道されなかったのはなぜか・・・
そういう興味がさらに湧いてくる。

凡百な脚本だと、内部に教会側の協力者がいて・・・云々ということになるのだろうが、そうならない。
ここでタイトルの「スポットライト」という言葉が活きてくる。

この3つ目の原因が明らかになった際に編集局長がいうセリフが印象的だ。

われわれジャーナリストは暗闇の中を常に歩いている。
まちがった道を歩いていてもわからない。
スポットライトがに照らされたときに、ようやく、まちがった道に気づくのだ。
まちがった道なら、また、正せばいい。

なかなか言えるセリフではない。
映画の中の名台詞のひとつに加えられてもいいだろう。

マイケル・キートンを筆頭にしたジャーナリストチームもいいが、スタンリー・トゥッチビリー・クラダップの弁護士側もいい。
アカデミー賞の演技部門にアンサンブル部門があれば、全員に進呈したいぐらい。

トム・マッカーシー監督の演出は、過剰になりすぎず、かといって淡泊にならずに、とちょうどいい塩梅。
この内容を2時間にまとめるのは、かなりの手練を必要としているはず。
思い入れたっぷりの過剰な演出よりは、ずっと好感が持てるし、今後もさらに期待が出来る。

評価は★★★★☆(4つ半)としておきます。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:30本
 外国映画23本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画 7本(うちDVDなど 1本)

旧作:2016年以前の作品:31本
 外国映画26本(うち劇場 6本)
 日本映画 5本(うち劇場 0本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「スポットライトー世紀のスクープー」
人が人を殺す事は、ある。しかし、組織が人を殺す、それを暴いたのがこの作品である。実際に刃物や銃器で殺される訳ではない。だが、被害者達は一度精神的に殺されている。そして被害者達が後に自殺をしてしまうケースも多い。世紀のスキャンダル。聖職者が教会の地位を利用して、信徒の子供達に性的虐待を行う。それも一件や二件ではない。…マサチューセッツ州ボストンの新聞、グローブ紙は、「スポットライト」という長期連載を信条としたコラムでその犯罪を告発する。期待していた通りの正統派の作品であった。マーク・ラファロもマイ... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/06/28 16:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『スポットライト 世紀のスクープ』:驚愕の事実以上のハラハラドキドキ感 @ロードショウ・シネコン キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる