キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『山のトムさん』WOWOWドラマ:スローライフなドラマを堪能 @DVD・レンタル

<<   作成日時 : 2016/05/16 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

ひさしぶりに「シネマのマ」ならぬ「ドラマのマ」です。
作品は『山のトムさん』、昨年2015年暮れから4回に渡ってWOWOWで放映されたもの。
先ごろ、4回をまとめて1本したものがDVDになったのでレンタルして鑑賞した次第。
さて、内容。

作家のハナさん(小林聡美)は、仕事の都合で東京に棲み処はあるものの、本宅は田舎の一軒家。
そこには友人でシングルマザーのトキさん(市川実日子)と彼女の子どものトシちゃん(佐々木春樺)と暮らしています。
女手ひとつで畑を起こしての農作業は大変。
ときには、ご近所のゲンさん、シオリさん夫婦(光石研、高橋ひとみ)に助けてもらっています。

ある日、ハナさんが中学校卒業間もない甥っ子のアキラくん(伊東清矢)を連れてきます。
アキラくんは、学校生活でなにかあったようで、高校進学はしませんでした。
男手が増えたこともあって、この機会に、ハナさんは畑を広げ、ニワトリを飼い、ヤギも二頭飼うことにしました。

そんな中、春先になって、家の屋根裏にはネズミがたくさん現れて困ったハナさんたちは、ネズミ退治のためにネコを飼うことにし、そのネコにトムと名付けるのでした・・・

というハナシ。

田舎暮らしのスローライフをテーマにしたものですね。
それほど内容的には珍しいものではないのですが、まぁ、スローライフを行う面々が女性たちと少年というのは珍しいかも。

そしてこの手の作品では、出演者たちのアンサンブルに成否がかかっているといっても過言ではないけれど、小林聡美、市川実日子の組み合わせは、かなり絶妙。
加わるアキラくん役の伊東清矢も好い雰囲気。
特に、メエとシロという名の二頭のヤギを追い立てるさまは、朴訥とした感じで好ましいです。

実際のスローライフは、ことに動物を飼えば、重労働で休みなしなんですが、ストレス過多の都会者には、この手の作品を観ると、ストレス発散になりますね。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

<追記>
『ノンちゃん雲に乗る』などの石井桃子の原作を、『かもめ食堂』などの小説家でエッセイストの群ようこが脚本化しました。
音楽を大貫妙子が担当しており、「なるほど」なスタッフ陣ですな。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
前の「パンとスープとネコ日和」はなんとなく途中で観るのをやめてしまいましたが、この作品は大好きですね。実際は100%うまくいくわけがなく、あくまで都会人があこがれる田舎暮らしを描いているのですが、なんかほのぼのとして、嘘くささが感じられませんでした。出演者の絶妙な持ち味がいい結果を出したのだと思います。
ぷ〜太郎
2016/07/19 15:38
ぷ〜太郎さん、コメントありがとうございます。
ストーリーは置いておいたしても、出演者の魅力が全面に出ていたので、そこいらあたりが好感でした。
りゃんひさ
2016/07/20 22:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
『山のトムさん』WOWOWドラマ:スローライフなドラマを堪能 @DVD・レンタル キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる