キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『裸足の季節』:女の子というだけで不自由な社会 @ロードショウ・単館系

<<   作成日時 : 2016/06/16 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像

トルコの5人姉妹の苦い青春を描いた『裸足の季節』、ロードショウで鑑賞しました。
フランス、トルコ、ドイツの合作で、トルコ出身のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督の初監督作品です。
さて、映画。

トルコの田舎町。
ソナイ、セルマ、エジェ、ヌル、ラーレの5人姉妹は、10年前に両親が他界したため、祖母と叔父夫婦に育てられている。
ある日、海辺で数人の男子生徒とふざけている様子を隣人にみられ、それがイスラムの戒律に背いていると、祖母と叔父に見咎められ、その日から外出を禁じられてしまう。
しかし、好奇心旺盛な年ごろの彼女たちの衝動を止めることはできない。
それが高じたため、遂には、祖母と叔父は、ソナイとセルマに縁談話を持ちかけてくる・・・

というハナシが、末娘ラーレの視点で描いていきます。

原題は「MUSTANG」、野生の馬。
5人姉妹を、野生の馬になぞらえたタイトル。
いくら戒律で檻の中に押し込めようとしても、彼女たちの自然に湧き上がる(性衝動を含めての)欲求を押さえつけることはできない。
そんな彼女たちの生態を、手持ちカメラが活き活きと捉えられている。

それにしても、イスラム社会の中でも先進的な(と思われる)トルコでも戒律は厳しく、特に、娘の処女性は揺るがすべからざるもの。
この戒律の厳しさの中心にいるのが、男性だけでなく、年配の女性たちの方がより厳格なのだから、なかなか社会が変革するのは難しいだろう。
また、あまりあからさまに描かれてはいないが、叔父は隠れて、娘たちに性的虐待を行っているあたり、かなり戦慄する。

最後、自由を求めてラーレとヌルはイスタンブールを目指すのだけれど、「そんな、ふたりだけで大丈夫かしらん」と心配になったが、都会のイスタンブールでは女性保護の活動もあるのだろうと感じさせたラストであった。
(冒頭に、そのカギは描かれていましたね)

評価は★★★★(4つ)としておきます。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:42本
 外国映画29本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画13本(うちDVDなど 1本)

旧作:2016年以前の作品:54本
 外国映画45本(うち劇場 9本)
 日本映画 9本(うち劇場 2本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「裸足の季節」
本作を鑑賞し終えた人の中にはこの作品に、感動や爽やかな余韻を感じる人も多いだろう。そのこと自体を批判するつもりは全くない。全くないのだが、私はとてもそんな気持ちにはなれない。10年前に両親を亡くした美しい五人姉妹、トルコの片田舎、風光明媚な海岸線、手の込んだ料理、清潔な寝具、そういうのを全て取っ払って考えてみよう。ただこの事実だけが浮かび上がる。「女」だというだけで、柵を張り巡らされた家の中に閉じ込められ、外出の自由もなく、教育を受ける機会を奪われ、若過ぎる10代での結婚を強いられる。NGOが救... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/06/29 12:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
弊ブログをご訪問下さり、コメントをありがとうございました(お返事、弊ブログコメント欄に書かせていただきました)。
あの学校帰りの海辺での友達同士とのシーンと、その後彼女達の現実生活のギャップがあり過ぎて…青春って短いのだな、と感じました。ラ―レなんてまだ青春の入り口にも立っていなかったですものね。
ここなつ
2016/06/30 13:35
ここなつさん、コメントありがとうございます。
末娘のラーレ、たしかに、まだ青春の入り口あたりですね。
そんな年頃でも嫁しなければならない社会が、世界にはまだまだ多いようです。
りゃんひさ
2016/06/30 22:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
『裸足の季節』:女の子というだけで不自由な社会 @ロードショウ・単館系 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる