キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『教授のおかしな妄想殺人』:ウディ・アレン流ドストエフスキー物語 @ロードショウ・シネコン

<<   作成日時 : 2016/06/17 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

ウディ・アレンの新作『教授のおかしな妄想殺人』、ロードショウで鑑賞しました。
老いてますますさかんなウディ・アレン。
もうすでに、次なる最新作『Café Society』も控えており、多作ぶりは相変わらず。
ただし、秀作打率は徐々に下降しているので、毎回おもしろい作品に出逢うとは限らない。
とはいえ、好きな監督なので、毎回観に行ってしまうのは致し方なし。
さて、映画。

米国東海岸の小さな大学に、かつての新進気鋭哲学者エイブ(ホアキン・フェニックス)が赴任し、講義を持つことになった。
エイブは頭脳明晰なれど、酒に溺れ、もう自堕落を絵に描いたよう。
しかし、生来のセクシャルさもあって、同僚の女性教授リタ(パーカー・ポージー)に惚れられ、教え子のジル(エマ・ストーン)とも懇意になる。
ある日、ジルと立ち寄ったカフェの隣席から、地元判事のヒドイ仕打ちを打ち明ける女性の話を耳に挟んだエイブは、その女性に代わって件の判事を殺すことを計画するようになり、人生に生きがいを感じるようになった・・・

というハナシで、尺は95分と相変わらず短い。

けれども、自堕落エイブの情況を描く前半は、あまりにもメリハリもなく、ズンダラで、観ていて厭になる。
自殺衝動などが湧き上がって、衆目の中でロシアンルーレットに興じたりするあたりなど、笑うに笑えない。
まぁ、そもそも、アルコール依存症になると死希願望が強くなるので、「こりゃ、ただのアル中で、別に哲学者とは関係ないじゃん」と思ったりすると、もうツマラナクてツマラナクて。

その後、判事殺しを計画するあたりから映画は面白くなるのだけれど、まぁ、そこいらあたりは、生存本能と倫理が相反する物語をつづったドストエフスキーの小説の焼き直しともいえるような展開。
(そうですよぉ、といわんばかりに、前半にドストエフスキーの名前も出てきたりする)

最終的には「自らが墓穴を掘る」ような展開になるのだけれど、シリアスなのかコメディなのか、どっちつかずの映画になってしまった感が大きい。
重罪と軽罪』『マッチポイント』あたりと比べると、さすがにウディ・アレンも衰えた。

評価は★★★(3つ)としておきます。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:43本
 外国映画30本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画13本(うちDVDなど 1本)

旧作:2016年以前の作品:55本
 外国映画46本(うち劇場 9本)
 日本映画 9本(うち劇場 2本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
脚本がつまらないのもそうですが、ホアキン・フェニックスに魅力がないのが致命的でしょうね。
ぷ〜太郎
2016/07/11 16:06
ぷ〜太郎さん、コメントありがとうございます。
ホアキン・フェニックス、結構好みが分かれるタイプの役者さんですね。
とにかく、太鼓腹の役者は見苦しいので、まぁ、それだけでも観ていて、ちょっとツラかったですね。
りゃんひさ
2016/07/11 21:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
『教授のおかしな妄想殺人』:ウディ・アレン流ドストエフスキー物語 @ロードショウ・シネコン キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる