キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『団地』:夫婦の哀しさが可笑しさに繋がっていかない @ロードショウ・一般劇場

<<   作成日時 : 2016/06/08 00:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

阪本順治監督、藤山直美主演の『団地』、ロードショウで鑑賞しました。
この組み合わせは2000年に映画賞を席巻した組み合わせなので、期待は大。
今回は芸達者の岸部一徳も加わり、藤山直美と夫婦役だというのだから、面白くならないわけがない・・・はず。
さて、映画。

漢方薬店を廃業して大阪郊外の団地に引っ越してきた山下清治・ヒナ子夫妻(岸部一徳、藤山直美)。
引っ越してきて半年。
引っ越してきたのは、一人息子の事故死がキッカケ。
団地の井戸端雀たちの噂は絶えない。
そんな中、自治会長候補に他薦された清治は、選挙で落選してしまう。
「清治って意外と人望なかったんやねぇ・・・」という当の推薦者の一言に傷ついた清治は、床下収納に隠れて人目を避けるようになってしまった。
そんな生活が続くうちに、井戸端雀たちの間で「清治さんは殺された」という噂が広まってしまう・・・

というハナシ。
こうやってまとめてみると、2011年の『大鹿村騒動記』のように小さなコミュニティに巻き起こる騒動のようで、なんだか可笑しげ、笑えるコメディって感じがする。

が、なんだか出来上がった作品は、うまくまとまっていない。
これは、もう脚本がガタピシしているせい。

時間を現在から過去、さらに大過去と行ったり来たりして、とりとめがない。
わざわざ行き来して進めるハナシでもなかろう、とも思うのだが、井戸端雀たちと同じく観客をも目くらまそうという感じで、これがいただけない。

観客としては、山下清治・ヒナ子夫妻の気持ちに。すーっとはいっていきたいところなのに、はいっていけなくなってしまう。
山下夫妻が交わす言葉は、軽妙のようでいて、その実、息子の急死が陰に隠されていて、かなり哀しいのだけれど、そこいらあたりのリアリティがどことなく欠如している。
たぶん、これは背景のせい。
ふたりが暮らす団地生活に、生活感が少ないからだろう。
お好み焼きを副菜にして晩御飯を食べるというような描写はあるものの、部屋の様子そのものに存在感が希薄なのだ。

結果として、リアリティがあるのは、
ヒナ子に扮した藤山直美による「ひとりバーコード」のシーン(これは図らずも落涙)と、
清治・ヒナ子による5000人分の漢方丸薬づくりのシーン(これは本当に作っているからだろう)だけということになってしまった。

また、リアリティの欠如が、結果的に、最後のあっと驚く展開を活かしきれなくしてしまった。
この仰天(字のとおり点を仰ぎみる)展開は、故・桂枝雀が分類した落語のオチの中では「ヘン(変)」にあたるもので、現実世界から一気に不条理世界に(これまた、文字どおり)飛んで行ってしまうべきもの。
残念ながら、映画では、もうただただ頭のなかに疑問符が「?????・・・」と並ぶだけの結果となってしまった。
(はじめから伏線が張られていたので、驚くまでに至らなかったので、もっと悪いのかも)

その後の、山下夫妻と自治会長夫妻(石橋蓮司、大楠道代)とのやり取りも、間延びしていて、興ざめ大。
この部分のテンポの悪さもあってか、エンディングの「なんたらが、なんたらした結果」登場する心温まるシーンも活きておらず、すこぶる残念無念。

と書いているうちに映画の印象がどんどん悪くなっていく・・・

評価は★★★(3つ)としておきます。
(書いているうちに☆(半分)が、どっかにいってしまいました。これも、なんたらが、なんたらしたせいやと思います)

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:41本
 外国映画28本(うちDVDなど 0本)
 日本映画13本(うちDVDなど 1本)←カウントアップ

旧作:2016年以前の作品:52本
 外国映画43本(うち劇場 8本)
 日本映画 9本(うち劇場 2本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやはやすっごく期待していた映画だったのに、何だったのか!あれだけ演技達者が揃っていながら、話がそらぞらしく、うまくころがっていかない。「ごぶがりです」の人が身近にいてもいいのだが、最後のあの展開はいただけない。観客をバカにしているのかと思ってしまいました。
ぷ〜太郎
2016/07/11 16:03
ぷ〜太郎さん、コメントありがとうございます。
ご立腹、同感です。
阪本順治監督、あまり上手くないのかも・・・
りゃんひさ
2016/07/11 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
『団地』:夫婦の哀しさが可笑しさに繋がっていかない @ロードショウ・一般劇場 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる