キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』:人間として歴史を理解するということ @ロードショウ・単館系

<<   作成日時 : 2016/08/13 09:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

画像

先月観た『ミモザの島に消えた母』をはじめ、ことしのフランス映画祭上映作品が続々とロードショウ公開されており、嬉しい限り。
この『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』も、その一本。
原題は「Les héritiers」、相続人。サブタイトルにある「受け継ぐ者たち」です。
何を受け継ぐのかというと、歴史。
第二次世界大戦でのナチスによるユダヤ人等の虐殺の事実・・・
さて、映画。

パリ郊外の公立高校。
歴史教師アンヌ・ゲゲン(アリアンヌ・アスカリッド)が担任を受け持つのは、1年生の中でも成績が悪い生徒たちが集まったクラス。
他民族国家フランスの縮図のように、そのクラスも種々さまざまな人種がいる。
生徒たちは、良く言えば、自我が強く、悪く言えば、わがままなガキんちょばかり。
しかし、ひとりひとりの生徒を尊重するゲゲン先生は、みんなから信頼されていく。
そんなある日、ゲゲン先生はみんなに提案する。
ナチスに虐殺された子どもや若者たちについて考え、その内容を全国歴史コンクールで発表しないか、と・・・

というストーリーは、実話の映画化で、当初、反発しあっていた彼らが、テーマに取り組むうちに、互いを理解しあっていく。

ストーリーだけを書くと、お定まりの映画ということになるのだけれど、根底にあるのが、フランスの他民族性。
この高校だけでも、29もの人種の生徒が通っているから驚き。

見た目はもちろんのこと、宗教、習慣も様々。
互いを理解することは、なかなか難しい。

そんなあたり、この映画では巧みに描いている。

ひとつは冒頭のエピソード。
卒業間近の3年生のイスラム教の生徒が、学校に卒業証明か何かを受け取りに来るシーン。
まだ在校中なのだから、校則で決められたスカーフ禁止を守れ、守らないと学校に入れない、と騒動になる。

過去の歴史を振り返る映画かと思っていたので、このエピソードによって、過去と現在は根本のところでつながっている、大きな違いはないのかもしれない、と意識させてくれる。

もうひとつは、カトリック教会に描かれた宗教画をゲゲン先生が説明するシーン。
天国と地獄が描かれた画であるが、地獄のなかにモハメッドが描かれている、と説明する。
これにより、教室内は騒然となり、殺気立つ。
しかし、先生は、こう続ける。
「この絵が描かれているのは、カトリックの教会です。つまり、彼らにとってイスラム教徒は敵であり、地獄に落とすべきだと考え、敵愾心をあおるプロバガンダなのです」と。

ほほぉ、フランスの教育は進んでいる。
一方的な見方をしないことを教えている。

歴史=過去に起こった出来事=覚える、ではなく、歴史=過去に起こった出来事はなぜ起こったのか=理解する、である。

理解することは難しい。
相手のみならず、自分を(特に自分の非も含めて)受け容れなければならないからである。

この授業のエピソードがあるからこそ、後半のナチスの虐殺に関するテーマが活きてきて、生徒たちが互いに理解し(理解しようとして)歩み寄るところが活きてくる。

コンクールで1位を獲る(獲った)から素晴らしいのではなく、見た目も宗教も習慣も異なる生徒たちが理解しようとして歩み寄るところが素晴らしいのである。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

<追記>
途中、生徒たちが聴くアウシュヴィッツからの生き残りの話、語り手・ズィゲル氏は当事者本人。
映画公開後に亡くなっており、映像として遺すことが出来、貴重なものだと思います。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:63本
 外国映画44本(うちDVDなど 4本)←カウントアップ
 日本映画19本(うちDVDなど 3本)

旧作:2016年以前の作品:75本
 外国映画58本(うち劇場12本)
 日本映画17本(うち劇場 5本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」
フランスで実際にあった物語。パリ郊外のレオン・ブルム高校で落ちこぼれクラスの担任となったアンヌ・ゲゲンは、彼らに「歴史コンクール」への参加を提案する。初めの内は「恥をかくだけ」と乗り気でなかった生徒たちだったが、アンヌの熱意と「あなたたちを信じているのは私だけ?」という言葉に後押しされ、次第に意欲的に課題に取り組むようになる。題材は、ナチス政権下のユダヤ人及びロマ族の弾圧。第二次世界大戦の歴史に刻まれたホロコーストである。どこかで見たことがあるお話し…そう、あれはヒラリー・スワンク主演の「フリー... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/09/07 12:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほどね。教室ものはあまり好きではないんですが、DVDになったら観てみましょうか。
おすもうさん
2016/08/17 14:45
おすもうさん、コメントありがとうございます。
DVDでもよいので、是非ご覧くださいませ。
りゃんひさ
2016/08/18 23:31
こんにちは。
そうなんです。
氏が亡くなってしまったということが、残念でなりませんが、この「受け継ぐ者」の重要性をあらわしていると 思います。
彼らがきちんと次世代に伝えられるよう育って欲しい、いや育つ!と確信するようなお話でした。
ここなつ
2016/09/07 12:42
ここなつさん、コメントありがとうございます。
歴史を受け継ぐのは、「いま」しかないのかもしれませんね。次世代に引き継げるかどうか・・・がんばらねば。
りゃんひさ
2016/09/07 17:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』:人間として歴史を理解するということ @ロードショウ・単館系 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる