キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『冬冬の夏休み』:ただただ懐かしいだけでない、少年時代の映画 @名画座

<<   作成日時 : 2016/08/14 17:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の2作品を名画座で鑑賞、1本目がこの『冬冬の夏休み』、1984年の製作。
数多くの作品が日本で公開されえていますが、鑑賞した作品は少なくて、今回併せて観た『恋恋風塵』『悲情城市』『珈琲時光』ぐらいしか観ていません。
観るべき監督なのですが、ちょっと背筋を伸ばして観ないといけないような感じがして、そこいらあたりが堅苦しく思っているのかもしれません。
それはさておき、映画。

6月、台北は卒業式の季節。
冬冬少年も小学校を卒業した。
母親が重い病気を患って入院しているとあって、父親は母親に付きっ切りになってしまう。
そこで、冬冬と妹・ティンティンは、母の弟とその恋人に付き添われて、台湾西北部の銅羅にある祖父のもとに夏休みを過ごしに行くこととなった・・・

というハナシで、ひと夏の思い出を描いた映画。

冒頭から、『となりのトトロ』を彷彿とさせるような設定で、「忘れ物を届けに来ました」という、かの映画の謳い文句を思い出しました。

冬冬が過ごすひと夏は、まぁ他愛ない出来事の積み重ねのようなもの。

恋人に気を取られて列車に乗り遅れてしまう、付き添いの叔父。
駅前で出会った少年たちとは、冬冬のラジコンカーと彼らと亀とを交換して、すぐさま打ち解ける。
素っ裸での川遊び。着ていた服は妹のティンティンに投げ捨てられてしまう。
さらには、友達になった少年の行方不明・・・

と、前半は、ほんとうにのんびり長閑なエピソードが続く。

ただし、映画は前半と後半で、かなりガラリと変わっていきます。

村に住んでいる発達障害の思春期過ぎの少女・寒子の妊娠と、事故による流産。
叔父の恋人の妊娠と、公証結婚(伝統に則らない結婚で、村では疎まれている)。

ふたつの妊娠にかかわるエピソードが描かれ、冬冬はそれらを通して、大人になっていくわけである。
この構成が素晴らしい。

都会の少年が田舎に行き、大人になるハナシなど、いくらでもあるが、凡百の映画ならば、安易に田舎の少女と恋仲になり・・・といった安易なエピソードを作ってしまいそうだ。
そんな、安直なエピソードで、大人になっていくを表現していないがゆえに、普遍的な物語を紡ぐことに成功している。

そして、もうひとつ重要なのは、侯孝賢監督の演出方法。
この映画では、侯孝賢的演出ともいうべき、ポジション固定の遠景という画が少ない。
この特徴的な撮り方は、どうしても技巧的に見えてしまい、映画の物語を固くしてしまうが、それが少なく、適度な距離感で撮った画が、これまた映画に普遍性を与えていると思う。

ただただ懐かしいだけでない、少年時代の映画。
これは、作れそうでつくれない。
傑作である。

評価は★★★★★(5つ)としておきます。


------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:64本
 外国映画45本(うちDVDなど 5本)
 日本映画19本(うちDVDなど 3本)

旧作:2016年以前の作品:76本
 外国映画59本(うち劇場13本)←カウントアップ
 日本映画17本(うち劇場 5本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はるか昔に観ただけでほとんど忘れていました。唯一覚えているのは、フライドチキンの鳥の足を食べたあとポイポイ下に棄てる場面だけです。台湾の友人はあれは行儀が悪い人だと言っていました。
ぷ〜太郎
2016/08/17 14:37
ぷ〜太郎さん、コメントありがとうございます。
列車で食べていたのは、蒸し鶏か茹で鶏でした。フライドチキンだと、指がベタベタになっちゃいます。
台湾でも行儀が悪いということは、たぶん「ひと昔前」を印象づけたかったのかもしれませんね。
りゃんひさ
2016/08/18 23:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
『冬冬の夏休み』:ただただ懐かしいだけでない、少年時代の映画 @名画座 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる