キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『君の名は。』:無条件の優しさで悲しみは乗り越えられるか @ロードショウ・シネコン

<<   作成日時 : 2016/09/05 14:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

画像

夏休みにアニメ、はお定まりの図式。
で、この夏も終盤の時期にロードショウ公開された『君の名は。』を鑑賞しました。
サービスデイの日中に鑑賞したのですが、館内はほぼ満員。
あれれ、今日から学校が始まっているはずだけれど、こんなに若いひとが多くていいのかなぁ。
まぁ、始業式は午前中で終わるのが常だから、その後に来たんだろうなぁ・・・など思いながらスクリーンに相対することに。
さて、映画。

東京で暮らす瀧(声・神木隆之介)は高校生。
夜な夜な、田舎で暮らす少女になっている夢を見る。
しかし、それは夢ではなく、その瞬間はその少女・三葉(声・上白石萌音)と心が入れ替わっていることに気付くのだった・・・

というハナシで、設定は大林宣彦監督の尾道三部作『転校生』を思わせる設定。
しかし、ハナシが進むうち、男女の入れ替わりによって互いのことを理解していった『転校生』の枠を超えていく。

瀧と三葉は、同じ時間を生きているのではなく、瀧からみて三葉は3年前の時間を生きている。
そして、三葉はある災害により、すでにこの世にいないことがわかる。
そこから主題が浮かび上がる。

「真実の愛を知ったひとが、その後その相手にめぐり会うことがないとしたら・・・」というもの。

おお、これは同じ大林宣彦監督の『時をかける少女』ではありますまいか。

『君の名は』といえば、稀代のすれ違いメロドラマのタイトル。
そこへもってきて、大林監督の『時かけ』とくれば、号泣必至。

なのだが、後半、どうにも怪しい方向に進んでしまう。

三葉が死んだ災害を瀧が知り、それを阻止しようとするのだ。
ありゃ、なんだが予想と違うぞ。
これは・・・おぉっ、韓国映画(のち米国でリメイクの)『イルマーレ』と同じパターン。
しかし、あちらは、いたって個人的な事故によるものだけれど、この映画では災害。

で、このあたりから少々気分が悪くなってきた。

映画の根幹部分に無神経さを感じてしまったのだ。

どういうことかといえば、瀧が、夢の中の記憶を頼りに三葉を探す過程で、三葉の暮らす土地の名が明らかになった際の、主人公・瀧の反応あたりから。
彼に同行した友人ふたりは、すぐさまその土地の名に反応するのだが、瀧は初めて聞いたか、すっかり忘れてしまったような反応を見せる。

これは、作術上、無神経すぎる。
なにせ、その災害は、彗星の欠片の激突により、村が消滅するほどの大災害だったから。
この災害は、未曾有であり、空前絶後ででしょう。
それを、たった3年で忘れる、というのはありえない(というか許されない)。

このリアリティの欠如が、その後の展開を嘘くさくしてしまっており、以後の展開の工夫が活かされなくなっているように感じた。
その後、災害を事前に知った瀧が三葉にそれを知らしめ、甚大な被害を回避するための行動は、彗星の激突という信じられないような出来事を、変電所の火事と停電、そして山火事という現実的な災害だと謀るあたり、かなり工夫されているにも関わらず、である。
甚大な被害を回避するという奇跡であるにもかかわらず、なんだか「災害なんてなかったことにしてしまえばいいんだ」のような「軽さ」を感じてしまったのだ。

たしかに、悲しい結末よりは、未来に向かっての明るい結末であるに越したことはない。
けれでも、このような「過去さえも変えられる」「なかったことにすればいい」とも受け止められる展開は、どうにも受け容れがたい。

もう二度と巡り合えない真実の相手と「片割れどき(彼は誰どき)」に出会う、という秀逸なシーン(図らずも落涙してしまったのだか)があったとしても、である。

そしてラスト、それから5年後、東京のどこかですれ違う瀧と三葉。
この図は、大林宣彦監督『時をかける少女』のラストそのままであるが、あちらの詩的な厳しさと比べると、この映画では、無条件に優しい。
あまりにも、無条件に優しい。

評価は★★☆(2つ半)としておきます。

<追記>
今夏の東宝映画のふたつの流れが、この映画でぶつかった感もあります。
シン・ゴジラ』→『君の名は。』の、東日本大震災を越えて、という流れ。
世界から猫が消えたなら』→『君の名は。』の、個人の想いが世界を変える、という流れ。
この映画では、後者の流れが非常に強くでていますね。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:75本
 外国映画53本(うちDVDなど 8本)
 日本映画22本(うちDVDなど 4本)←カウントアップ

旧作:2016年以前の作品:85本
 外国映画68本(うち劇場14本)
 日本映画17本(うち劇場 5本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
君の名は。
 『君の名は。』を新宿ピカデリーで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2016/10/01 05:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今年大ヒットのアニメですね。気になって観ましたがおばさん的には微妙です。いろんな映画のパクリだというのが最初の感想。どうしても宮崎アニメと比べてしまうのですが、画がもっと動いてほしかったです。年齢的なことかもしれませんが、画を観てワクワクしないんですね。ただ、神木君の熱演には☆ひとつ追加。
ぷ〜太郎
2016/11/11 12:54
ぷ〜太郎さん、コメントありがとうございました。
ま、いろんな映画のコラージュ作品の趣。
泣かせたり、感動させたりする、あざとい東宝臭をプンプン感じました。
りゃんひさ
2016/11/14 17:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
『君の名は。』:無条件の優しさで悲しみは乗り越えられるか @ロードショウ・シネコン キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる