キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『怒り』:信用・信頼→不信・疑念→憤り・怒り @試写会

<<   作成日時 : 2016/09/08 22:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 8 / コメント 4

画像

フラガール』『悪人』『許されざる者』の李相日監督最新作『怒り』、試写会で鑑賞しました。
原作は『悪人』と同じく吉田修一の同名小説。
キャストも渡辺謙をはじめ、いずれも芸達者な面々とあっては、この作品、期待しないわけにはいかない。
さて、映画。

東京八王子の住宅街で残忍な夫婦殺害事件が起こるが、犯人は1年以上も逃亡したまま。
そんな中、千葉、東京、沖縄の三か所で、逃亡犯に似た男が現れる。
周囲の人々は、おのおの、男を信用しているが、いつしか不信が募っていく・・・

というハナシで、千葉に現れるのが男に松山ケンイチ、東京は綾野剛、沖縄が森山未來である。
指名手配の顔写真は、誰にでも似ているし、似ていないようにみえる。
この三人の中に犯人がいる、というハナシか・・・と、ついつい観てしまう。

で、まぁ、実際この中のひとりが犯人なのだが、「この三人の中に犯人が・・・」という刷り込みが映画を観るのに邪魔になってしまう。

どういうことかというと、この映画、「犯人探し」のミステリーではないからだ。

ふらりと現れた男、そんな男をあることがきっかけで信用するが、殺人犯ではなかろうかという疑念から、そんな彼を信用できなくなってしまう。
そして、男を信じた自分を信じられなくなり、果たして潔白だった男を疑った自分に対して憤りを感じてしまう・・・

ひとはひとを容易く信用信頼もするが、同じように容易く疑ってしまう。
それを三つのケースで描いているわけだ。

なので、個人的には、「八王子夫婦殺害事件の犯人が、この三人の中にいない方が、より興味深いのに」と思ってしまった。
それも、中盤で、犯人はすでに警察に逮捕されているにもかかわらず、証拠がなく公表されず、それゆえに疑念が払拭できない、といった展開の方が、より人間ドラマの味わいが深くなったのではありますまいか。

いやまぁ、それだったら、カタルシスがない、腑に落ちないと思う向きもあろうかと思うけれど、とにかく、そんなことを思いながら観ていたのでした。

演技陣では、宮崎あおい・広瀬すずが素晴らしい。
エピソード的には、東京の妻夫木聡・綾野剛のものが哀しく、沖縄の広瀬すず・佐久本宝・森山未來のものが遣る瀬無い。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:76本
 外国映画53本(うちDVDなど 8本)
 日本映画23本(うちDVDなど 4本)←カウントアップ

旧作:2016年以前の作品:88本
 外国映画70本(うち劇場14本)
 日本映画18本(うち劇場 5本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「怒り」
愛する者が、信じた者が、もし残忍な殺人犯だったら…。渾身のラブストーリーだった!不覚にも落涙。愛を、信頼を、疑い出した時の苦悩。裏切られたと思った時の絶望感。自分自身を、そして自分が存在する世界の全てをも否定されているのではないかと感じた時の…「怒り」。以下、多少のネタバレ含みです。1年前の夏、八王子で起こった夫婦殺害事件。陰惨な現場だった。犯行現場の家の壁には血文字で「怒り」の文字が残されていた。犯人は未だ逃亡中。対策本部はテレビ公開捜査に犯人の情報入手を託す。そして、場所も登場人物も異なる3... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/09/20 14:52
「怒り」涙さえ出てこなかった…。
[怒り] ブログ村キーワード ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2016/09/21 00:41
怒り
しんどい。 人間ってしんどいよ。(´;ω;`)ブワッ だが希望はある!(´・ω・)キリッ ...続きを見る
Akira's VOICE
2016/09/21 10:30
怒り
ある夏の暑い日に、八王子で夫婦殺人事件が発生。 犯人は顔を整形をして逃亡したと見られていた。 …その後、各地に素性の知れない男が現れる。 千葉の漁港で働く田代、東京で男と暮らす直人、沖縄の無人島に居ついたバックパッカー田中。 彼ら3人はいずれも、警察の手配写真に顔が似ていた…。 ミステリー。 ...続きを見る
象のロケット
2016/09/21 12:15
映画「怒り」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『怒り』(公式)を先日、TOHOシネマズ試写会にて鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら65点にします。なお、原作:吉田修一氏小説『怒り』は未読。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2016/09/21 16:14
怒り
 『怒り』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2016/09/30 21:23
怒り  監督/李相日
【出演】  渡辺 謙  宮ア あおい  松山 ケンイチ  妻夫木 聡  綾野 剛  森山 未來  広瀬 すず ...続きを見る
西京極 紫の館
2016/10/06 22:08
疑い、そして・・・
4日のことですが、映画「怒り」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2016/12/10 17:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
そうそう、そうなんですよねー。この映画は「犯人探し」が主のミステリーではないのですよね。
愛と信頼にまつわる胸を突くオムニバスだったと思います。

それにつけても…宮崎あおいは完全にひと皮むけていましたね。
ここなつ
2016/09/20 14:35
ここなつさん、コメントありがとうございます。
犯人探しには意味のない映画なので、そこいらあたりは、もう割愛してもよかったように思います。
3つのエピソードが描かれますが、この中でひとつだけ採用して深化するならば、松山ケンイチ編でしょうね。
宮崎あおいの娘と父親、そして正体不明の男のハナシだけでも1本の映画になると思いました。
りゃんひさ
2016/09/20 23:26
信じるべき者を信じず、信じてはいけない者を信じてしまった人達を三つの話にしたわけですが、映画の構成上、どうしてもひとつを深く掘り下げるには限度がある。ギリギリのところでうまくまとめてありますね。やはり異なる味付けの話は、三つは必要かなと思いますが、犯人はいなかったという設定も大いにありかと納得しました。
ぷ〜太郎
2016/11/11 13:02
ぷ〜太郎さん、コメントありがとうございました。
エピソードを複数にしたせいで、なんだかテレビドラマ的になったのではないかしらん、と思うようになりました。
ちょっと、あざとい東宝臭が強い感じがしました。
りゃんひさ
2016/11/14 17:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
『怒り』:信用・信頼→不信・疑念→憤り・怒り @試写会 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる